-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014-12-22 00:47 | カテゴリ:デグーの怪我と病気
ジャンル:ペット テーマ:★デグー★Degu★
大変ご無沙汰しています。
2ヶ月近く更新が空いてしまいました。
今日こそ書こう、今日こそは!と、毎日思い、
PCの前に座る度に、寝ていたはずの息子に泣かれる毎日(^-^;
今も、もうすぐ起きるのではと、ヒヤヒヤしつつ書いてます。
(→案の定、途中で泣かれて、一時中断しましたw)


なかなか片づけられなかったデグー部屋も、
デグ友さんにケージ等を引き取ってもらったおかげで、
随分と片付きました。
デグーたちのおしっこのシミが点々とついていたり、
齧られたりしている畳も、そのうち表替えしようと思っています。
でも、デグー達がいた証がすっかり消えるわけではなくて、
あちらの壁、こちらの柱と、あちこちに齧り痕が残っています。
ああ、これはてんちゃん、ここは純、こっちは大ちゃん・・・と、
意外と犯人を覚えているものです(笑)


大ちゃんが亡くなった後、バタバタとしており、
お世話になったかかりつけの先生への連絡も遅くなっていましたが、
1ヶ月を過ぎた頃に、ようやく連絡することができました。
先生からも「長生きだった」と言っていただき、
なんとなくほっとしました。
連絡した2日後には、こんなに綺麗なお花が届きました。

お花


前にも書きましたが、うちの子たちが長生きできたのは、
先生のおかげだと思います。
決して健康に恵まれていたわけではないうちの子たち、
それぞれ持病を抱えて、通院して、お薬を継続的に飲みながら、
穏やかに長生きすることができました。


デグーを病院に連れていくことを躊躇される飼い主様もいらっしゃいます。
多くは「通院がストレスになるのではないか?」との心配からです。
一匹一匹性格が違うので、ストレスになってしまう子ももちろんいるでしょう。
でも、症状にもよりますが、病院に行かなければ、
その後の命をあきらめなければいけなくなる場合もあります。


ストレスをなるべく少なくするためには、

・症状が重くなる前に通院すること。

・大きすぎないキャリーやプラケに、使い慣れた布等の隠れる場所を入れて、
 連れて行ってやること。
 (下手に大きいキャリーを使うと、不意に暴れて怪我をすることも)

・温度変化に注意すること

・飼い主がどーんと構えること(←意外と大事)

・デグーの診察に慣れた先生に診てもらうこと(←とっても大事)


等の点に注意するといいと思います。
デグーも、初めのうちは緊張します。
でも、通院の回数を重ねると、慣れます。
てんちゃんなんて、私と先生が話しているうちに、
診察台の上で寝初めて、先生に「あれ?具合悪いのかな?」と、
心配されたことがあるくらいですから(^-^;
「あ、寝てるだけです(笑)」って答えましたけどね(笑)


いざというときのために、是非、
信頼できるかかりつけ医を探しておいてください。
そして、症状が重くなる前に、連れていってあげてください。
飼い主様と、先生と、協力して、
デグーちゃんを長生きさせてあげてくださいね。


クリックで応援よろしくお願いします。
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 小動物ブログ デグーへ
にほんブログ村

いつもありがとうございます☆
関連記事
←秘密 (管理者にだけ表示を許可する)

トラックバックURL
→http://tentenroom.blog64.fc2.com/tb.php/663-6cd6ceef
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。