-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-12-14 19:07 | カテゴリ:デグーの怪我と病気
ジャンル:ペット テーマ:★デグー★Degu★
昨日、大ちゃん4回目の通院でした。
前回から10日ぶりの診察です。
この間、自宅検査での尿糖は++の日が多く、
一日だけ+++の日もありました。


また、3日ほど前から、尿量が増えており、
飲水量も増加気味でした。
特に、通院前日は50ml/日と、通常の倍以上飲んでいました。


通院4回目 12月13日  体重256g


体重は、前回の通院と比べ大きな変化は無し(+4g)


尿糖      ++~+++
比重      問題なし
ケトン体    ++
顕微鏡検査  問題なし


とうとうケトン体が出てしまいましたorz
今のところ食欲はあり、体重も維持できていますが、
このままケトン体が出続けるとちょっとヤバイです。


今回は、
経口血糖降下剤の濃度を倍にしてみることにしました。
さらに、様子を見て、処方の倍量まで飲ませてよいと、
許可を頂きました。


これで様子を見て、効かなければ、
濃度をさらにあげるか、
別の効き方をする薬を取り寄せてもらって、試してみるか、
という方向性で相談しています。


現在は、インスリンを作る能力がまだ残っていると仮定して、
経口血糖降下剤を使っていますが、
もしも、インスリンを作る能力を失っているとなると、
いくら薬を飲んでも反応しないことになります。


となると、外部からインスリンを補充する、
つまりインスリン注射をするしかないとなるのですが・・・


デグーにインスリン打てるのかな?


という疑問が。


血糖値のモニターをするのが難しいので、
どの種類をどのくらいの用量で打つのかをきめるのが、
とても難しい。
用量が決まったとして、大人しく打たせてくれるのか?
打つとしたら・・・と仮定の話しを少しして帰ってきました。


帰宅後、イギリスのデグたちはどうしてるんだろうと思って、
フォーラムを遡って見ていたら、


「イギリスではインスリン注射が主な治療法だよ」


という発言を発見。
しかも、それ、私のコメントへの返信だったし。
そんな話したのすっかり忘れてました(^^;ゞ
実際に毎日注射してるよ~という人もいたし、
一時的に注射をして、容態が安定したらやめたって人もいました。
用量も確認できたので、次回通院の時に先生に話してみようと思います。


注射までいかずに改善するよう、頼むよ!


大ちゃん121214 

ペレットうまうま。   by   大吉


薬をしみこませたペレットを喜んで食べています。
飲ませるの簡単で助かるわ~。


クリックで応援よろしくお願いします。
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 小動物ブログ デグーへ
にほんブログ村

いつもありがとうございます☆


デグー防災ネットワークに参加しませんか?
デグー飼いのための自助グループです。災害時はもちろん、普段から、困ったときには助け合えるような仲間になりましょう!現在デグーを飼っていなくても、助け合いの気持ちがある方なら参加できます。
詳しくは下記リンクから、グループ説明をご覧ください。

愛知の方デグー防災ネットワーク愛知
*オフ会は名古屋ですが、近県の方もどうぞ♪

首都圏の方デグー防災ネット首都圏
*管理人さんはまめちゃんです。

他地域で姉妹グループを作りたいという方も募集中☆
日本全国にデグー飼いの輪を広げましょう♪
関連記事
←秘密 (管理者にだけ表示を許可する)

トラックバックURL
→http://tentenroom.blog64.fc2.com/tb.php/581-e5cce21c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。