-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-06-15 18:29 | カテゴリ:デグーの怪我と病気
ジャンル:ペット テーマ:★デグー★Degu★
ブログ更新が滞っていてすみません。
書きたいことはたくさんあるのですが、
プライベートのことやら、
2週間後に迫ったげっしー祭の準備やらで、
いっぱいいっぱいで、ブログまで辿りつけません(>_<)


てんちゃんのその後について、
心配してくださっている方もいらっしゃると思うので、
今日はてんちゃんの様子をお伝えします。


6月2日に2度目の悪性腫瘍摘出手術をしたてんちゃん。
幸い、傷がはじけることもなく、
1週間後の術後検診を迎えました。


6月9日 術後検診 体重201g

1週間前と比べ、5g体重が減ってはいましたが、
食欲も元気もありました。


手術後の説明時に「場所的に漿液が溜まりそう」
と先生に言われていましたが、
幸い、皮下に溜まることはありませんでした。
その代わり、傷の脇の部分にカピカピになって固まってました。
どうしてそんな場所についていたのかは不明。
そのカピカピのあたりや、前脚の付け根の骨のあたりに、
ちょっと気になる赤い点が3箇所ほどあり、
それが再々発の兆しなのか、
齧ったり引っかいたりした傷なのか、
気をつけておいたほうがいいねと言われました。


てんちゃんが患っている腫瘍は、非常に悪性度が高いもので、
非常に高確率で再発するそうです。
そして、一度再発すると、その後のサイクルがとても早く、
1ヶ月で再発することも珍しくないそうです。


以前も書きましたが、
かつて実家で飼っていたシーズー犬のピースが同じような腫瘍を患い、
1ヶ月持たないサイクルで再発&手術を何度となく繰り返していました。
さいごの方では傷もくっつかなくなり、開きっぱなし。
痛みもあり眠れず、ボロボロの脚を引きずって部屋の中を徘徊して、
夜鳴きしていたそうです。
それでも、心臓が強い子で、なかなかお迎えがこず、
ただただ苦しみに耐える毎日。
最終的に、父親が安楽死を選択し、見送ったのでした。
手術を繰り返したことが、苦しみを長引かせる結果になったんじゃないか、
でも、手術をしなければ、どうなったんだろうか?

 
てんちゃんにこれから先再発があった場合、
どのような対応をするのがベストなのか?
ピースの経験があるからこそ、とても悩みます。


と、飼い主の心配をよそに、本人は元気です。

ブロッコリー大好き 

ブロッコリーの葉っぱうまー!


お散歩ちゅー 

お散歩たのしー!


と、マイペースに過ごしています。


気になっていた赤いぽっちも、2つは消え、残り一つとなりました。
その一つが、切除場所に一番近く、気になっていたのですが、
それも少し薄くなってきたような気がします。
このまま消えて無くなって、ただの引っかき傷だったね、となるといいなぁ~。


今は、術後にもらった薬を継続して飲ませています。
病院で、新しいサプリを取り寄せている最中だそうで、
それも試してみようかという話になっています。


次は毛が生える前に再診するように言われています。
再来週はげっしー祭だから、来週かな。




クリックで応援よろしくお願いします。
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 小動物ブログ デグーへ
にほんブログ村

いつもありがとうございます☆


デグー防災ネットワークに参加しませんか?
デグー飼いのための自助グループです。災害時はもちろん、普段から、困ったときには助け合えるような仲間になりましょう!現在デグーを飼っていなくても、助け合いの気持ちがある方なら参加できます。
詳しくは下記リンクから、グループ説明をご覧ください。

愛知の方デグー防災ネットワーク愛知
*オフ会は名古屋ですが、近県の方もどうぞ♪

首都圏の方デグー防災ネット首都圏
*管理人さんはまめちゃんです。

他地域で姉妹グループを作りたいという方も募集中☆
日本全国にデグー飼いの輪を広げましょう♪
関連記事
←秘密 (管理者にだけ表示を許可する)

トラックバックURL
→http://tentenroom.blog64.fc2.com/tb.php/535-0a9868a8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。