-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-05-29 21:59 | カテゴリ:デグーの怪我と病気
ジャンル:ペット テーマ:★デグー★Degu★
今日の主役はこちら。

てんちゃん
 

てんちゃんです。


実は、5月19日、ほたるの通院の"ついで"に、
てんちゃんも一緒に連れていきました。
前回の定期健診から2ヵ月過ぎていました。
この日の体重207g。


手術跡を触診してもらったところ、


先生「ん?これはマズイぞ。
    ちょっとこれ触って、この大きさと感触覚えておいてね。」


私 「あ、それマズイですか?
   数日前に気づいたんですけど、縫い目かなぁと思って・・・」


といいつつ、触ってみたら、あれ?大きくなってるかな?


先生「残った糸のせいで炎症を起こしたとかだったらいいんだけどねぇ。
    よく気をつけておいて」


なんて話をしながら、てんちゃんをプラケに戻して、
問題のわき腹のところを見てみたら、


私 「あ、やっぱり赤くなってますねぇ~」


先生「あ~、齧っちゃってるねぇ。やっぱり腫瘍っぽいかなぁ。」



触診で、毛が掻き分けられて、炎症箇所が見えるようになっていました。


5月19日 

これがその日の写真。
真ん中が傷になって血が滲んでいました。
全体の大きさは1cmくらいかなぁ。


数日前に、縫い目かなと思ったときは、
毛を掻き分けても何も見えなかったんだけどなぁ。。。


位置的に、高悪性度腫瘍の再発の可能性が高いけど、
ただの炎症であることを願って、
とりあえず抗生剤を飲ませて様子を見てみることにしました。
同時に、腫瘍だった場合、手術するかどうか相談しておいてと言われました。


こちらは翌日20日の写真。

5月20日 

前脚のすぐ後ろのわき腹に、問題箇所があるのですが、
毛で隠れていて全く分かりません。


が、この2日後くらいには、毛を掻き分けなくても、
外から炎症箇所が分かるようになりました。
問題部分が広がって、毛が広範囲に抜けてきたのかも。


旦那は、19日の診察直後から
「小さいうちにさっさと手術してしまいたい」と主張していました。
このため、6日後の25日に、レントゲンを撮ってもらうつもりで再診。
体重210g。


先生と相談したところ、手術を前提にするのであれば、
この日麻酔をかけてレントゲンを撮るよりも、
手術日にレントゲンも手術も一緒にしてしまった方が、
麻酔が1回で済み、体への負担も少ないだろうということになりました。


当日レントゲンを撮って、手術不要だとか、
手術しても無駄とか判断されれば、手術はキャンセルです。


そんなわけで、手術日の相談。
・・・だけど、混んでるのね~。
翌週も、翌々週も、平日はいっぱい。
その次の週まで待つと遅すぎるだろうということで、
普段はやらないという土曜日に予定を入れてくれました。


そんなわけで、今週末6月2日に手術予定です。


こちらは5月27日の写真。

5月27日 

血が滲んでいた部分はかさぶたになってます。
丸く膨らんでいる、腫瘍疑いの部分より上の、
普通の皮膚の部分も赤くなってるんだよね。
う~ん、なんだろう?


手術時は7歳2ヵ月。
相当なおじいちゃんだけど、がんばってもらうしかないね。
食欲も、元気もあるのが幸いです。


クリックで応援よろしくお願いします。
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 小動物ブログ デグーへ
にほんブログ村

いつもありがとうございます☆


デグー防災ネットワークに参加しませんか?
デグー飼いのための自助グループです。災害時はもちろん、普段から、困ったときには助け合えるような仲間になりましょう!現在デグーを飼っていなくても、助け合いの気持ちがある方なら参加できます。
詳しくは下記リンクから、グループ説明をご覧ください。

愛知の方デグー防災ネットワーク愛知
*オフ会は名古屋ですが、近県の方もどうぞ♪

首都圏の方デグー防災ネット首都圏
*管理人さんはまめちゃんです。

他地域で姉妹グループを作りたいという方も募集中☆
日本全国にデグー飼いの輪を広げましょう♪
関連記事
←秘密 (管理者にだけ表示を許可する)

トラックバックURL
→http://tentenroom.blog64.fc2.com/tb.php/531-80ce9096
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。