-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-12-14 14:08 | カテゴリ:デグーの怪我と病気
ジャンル:ペット テーマ:★デグー★Degu★
昨日、我が家の最長老デグー、てんちゃんは、
わき腹にできた腫瘍の手術を受けました。


昨日は、午前中に病院に預けに行きました。
手術前の診察でも、本当に手術した方がいいのか、
このまま自然に任せた方がいいのか、悩みに悩み。
先生と二人で、色々なケースを想定して、
何をすれば一番苦しくないんだろう?と考え抜きました。
でもね、考えれば考えるほど、
どれも正解のような気がしてきてしまうんですよ。


先週の木曜の初診から5日経った昨日、
腫瘍のサイズは大きくなり、形も変わってきて、
赤味が増し、かさぶたも大きくなっていました。


たった5日でこれだけの変化ですから、
このまま様子を見ていると、
近いうちに自壊をしてしまいそうな様子でした。
そうなったときの出血や、痛みを思うと・・・
たとえ麻酔から覚めない可能性があるにしても、
今思い切って手術をした方が、
てんちゃんにとっては苦しみが少ないのかな?
そう思って、手術をお願いすることにしました。


6歳8ヶ月の高齢デグー、
1時間ほどの麻酔と手術に耐えられるのでしょうか?
私も、先生も、リスク承知でのチャレンジでした。


そして・・・


生還しました 

生きて帰ってきました\(^O^)/


昨日16時前に、「手術が終わり、麻酔からも覚めた」と、連絡をもらい、
18時頃に様子を見にいってみると、思いのほか元気なてんちゃんがいました。
もっとぐったりしてるのかな?と思っていたのに、
普通に餌を食べ、水を飲み、ひょこひょこ歩いてました。
捻挫したときの方がよほどぐったりしていたよ(^_^;


手術は、出血もほとんどなく、ガーゼにほんの少し血がついたくらい。
時間も、"思ったより"早く終わったそうです。
取り出した腫瘍は2.5cmほどで、梅干の種のような形をしていました。
外側から見るより、中身はもっと大きかったんだなぁと思いました。
傷跡は4cm弱くらいでしょうか?
自分で噛んでしまっても、一気に解けて傷口がガバッと開くことがないように、
縫合方法も工夫してくださっていました。
先生には本当に、感謝、感謝です!


手術跡 


かなり広い範囲の毛を刈られてしまって、お腹が寒そうですが、
邪魔なものが無くなってすっきりしました。
食欲も、顔つきも、元気もいつも通り。
当面は、自咬しないこと、化膿しないことを祈るばかり。
しばらくは、純と隔離して、お薬を飲ませつつ、傷の回復を待ちます。


たくさんの方が、応援してくださったおかげで、飼い主も気持ちが楽になりました。
そして、もちろん、先生が一所懸命に考えて、最善を尽くしてくださったおかげで、
無事に元気な姿で戻ってくることができました。
たくさんの方に支えられて、てんちゃんは幸せ者だね~。
皆さんに感謝、感謝です


あとは、てんちゃん次第。
がんばれ!


ちなみに、今回も、神領ビーイング動物病院にお世話になりました。
犬猫はもちろん、鳥類、爬虫類まで、
様々な種類の患畜さんに人気の病院です。


クリックで応援よろしくお願いします。
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 小動物ブログ デグーへ
にほんブログ村

いつもありがとうございます☆


デグー防災ネットワークに参加しませんか?
デグー飼いのための自助グループです。災害時はもちろん、普段から、困ったときには助け合えるような仲間になりましょう!現在デグーを飼っていなくても、助け合いの気持ちがある方なら参加できます。
詳しくは下記リンクから、グループ説明をご覧ください。

愛知の方デグー防災ネットワーク愛知
*オフ会は名古屋ですが、近県の方もどうぞ♪

首都圏の方デグー防災ネット首都圏
*管理人さんはまめちゃんです。

他地域で姉妹グループを作りたいという方も募集中☆
日本全国にデグー飼いの輪を広げましょう♪
関連記事
←秘密 (管理者にだけ表示を許可する)

トラックバックURL
→http://tentenroom.blog64.fc2.com/tb.php/501-1f4a0010
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。