-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-12-09 20:22 | カテゴリ:デグーの怪我と病気
ジャンル:ペット テーマ:★デグー★Degu★
純と、ほたるの治療経過について、
そろそろ書かなくちゃなぁと、思っていた矢先・・・


てんちゃんに重大な問題発覚。


ことの始まりは一昨日、12月7日の夕方。
右わき腹を上にして、ゴロンと寝ていたてんちゃん。
あまりに熟睡しているので、生きているのか?と、
覗き込んでみて異変に気づきました。
右前脚の付け根あたりの毛が薄くなり、
赤くなった地肌が見えたのです。


これはおかしいと、抱っこして調べてみると、
直径1.5cm強の丸い腫瘍らしきものがありました。
触ると柔らかく、色は赤くなっていました。
嫌がらないところをみると、痛くはないみたい。


前日に抱っこしたときは気がつかなかった・・・
いつからあったんだろう?


その日は休診日だったので、翌朝病院に連れていきました。


これが当日の朝、腫瘍のある右側から撮った写真。

12月8日朝 

少し毛がぼさっとしてる場所に腫瘍がありますが、
そうだと思って見ないと、気がつきません。


水飲み中 

水を飲むため立ち上がっているところを撮影しても、分かりません。


でも、毛を掻き分けると・・・

患部 

ぷっくりと膨らんだ腫瘍が(涙
どうやら気にして齧っているらしく、かさぶたになっている場所がたくさん。
前日はこんなにかさぶたは無かったはず・・・


病院では、まずエコーで中の様子を見てもらいました。
深さは1cmほど、水分のようなものが溜まっているが、腫瘍組織もある模様。
溜まっているものが、膿なのか、腫瘍の内容が何であるのか、
診断するために、穿刺して組織サンプルを取ってもらうことにしました。
麻酔をかけずに取ることもできそうだということでしたが、
てんちゃんが緊張して時々震えているのが分かったし、
膿が溜まっていた場合には切開して洗浄しなければならないため、
初めから麻酔をかけて、検査&処置をしてもらうことにしました。


腫瘍が柔らかかったので、膿瘍であって欲しい。
「膿が溜まっていたので、洗浄しました。薬を飲ませて様子を見てください」
そんな結果を期待していたのですが・・・


残念ながら、溜まっていたのは膿ではありませんでした。
組織のサンプルは取れたので、病理検査に出せば悪性か良性か分かります。


でも、腫瘍の成長スピードがとても速いことや、
腫瘍の様子から判断するに、
良くない腫瘍である可能性が高そうだということでした。


検査結果が出るまでに、腫瘍はさらに成長しそうなこと、
大きくなればなるほど、手術は困難になること、
手術で取ったとしても、再発する可能性もあること、
自咬して大出血してしまう危険性があること、
(既に噛みはじめていますし・・・)
そして、麻酔のリスクがかなり高く、そのまま目が覚めない可能性もあること。


手術のメリット、デメリットを聞いて、とても悩みました。
6歳8ヶ月という高齢で、手術の麻酔に耐えられるか。
検査のための麻酔後でさえ、目がショボショボ、なんだかぼんやりしていました。
先生も、麻酔のリスクをとても心配して、一緒に悩んでくれました。
結局その場で結論を出せず、家に帰って旦那と相談することにしました。


話し合った結果、来週火曜日に手術を受けることにしました。
この決断が正しいのか、自信がありません。
何が起こるか考えると、涙が出ます。


でも、やるなら一刻も早くやらないと。
遅れれば遅れるほど、リスクが上がっていって、成功から遠のいてしまう。


このまま見守ることもできるけど、自咬が進んで、
血まみれになって苦しんで、結局手術をお願いすることになるかもしれない。


でも、手術したからといって、自咬や再発のリスクから逃れられるわけではない。


そして何より、手術から目覚めない可能性もある。


もう、考えれば考えるほど、堂々巡り。
かわいそうで、泣けてきて、頭が痛い・・・
でも、もう予約入れたから。
あとは、てんちゃんの生命力に掛けるしかありません。
手術までに、少しでも体力つけさせなくちゃ。 


これが今朝の写真。

12月9日 

昨日より、目立ちますよね。
幸い、食欲旺盛、元気もいっぱい、純を相手に腰振っているほど。
でも、いつも通り、脚はヨタヨタ、くしゃみ&鼻水も出ています。
昨日から飲ませている抗生剤が効いて、
手術までに鼻炎だけでも治まってくれるといいんだけど。


本当は、純と隔離して、体調&衛生管理したほうがいいのかもしれないけど、
こうしてベッタリしている姿を見ると、隔離できません。

仲良し 

術後はどうしても隔離が必要だから、
せめてそれまでは一緒に、いつも通りの生活をさせてやろうと思います。
純、腫瘍のところは避けて、グルーミングしてやってね!


ところで、いつから腫瘍があったんだろうと気になって、
最近撮った写真を見返していたら、
11月30日の写真に発見。

11月30日 


拡大すると

11月30日拡大

毛が抜けているのが分かります。
まだ色はそれほど赤くなく、かさぶたも無いみたい。


この日以降に撮った写真も見ましたが、どれも異変は感じられないものでした。
まだ腫瘍が小さくて、目立たなかったようです。
1週間で大きくなったみたいだけど、でも・・・もっと早くに気づければよかった。


そんなわけで、
今はただ、火曜までに自咬しないでいてくれること、
手術が成功してくれることを祈るばかりです。



クリックで応援よろしくお願いします。
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 小動物ブログ デグーへ
にほんブログ村

いつもありがとうございます☆


デグー防災ネットワークに参加しませんか?
デグー飼いのための自助グループです。災害時はもちろん、普段から、困ったときには助け合えるような仲間になりましょう!現在デグーを飼っていなくても、助け合いの気持ちがある方なら参加できます。
詳しくは下記リンクから、グループ説明をご覧ください。

愛知の方デグー防災ネットワーク愛知
*オフ会は名古屋ですが、近県の方もどうぞ♪

首都圏の方デグー防災ネット首都圏
*管理人さんはまめちゃんです。

他地域で姉妹グループを作りたいという方も募集中☆
日本全国にデグー飼いの輪を広げましょう♪

関連記事
←秘密 (管理者にだけ表示を許可する)

トラックバックURL
→http://tentenroom.blog64.fc2.com/tb.php/500-0dc673ce
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。