-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-07-07 16:34 | カテゴリ:デグーの飼育環境
ジャンル:ペット テーマ:★デグー★Degu★
もっと早く書こうと思ってた内容なんだけど、
病気続きでバタバタして、結局こんな時期に。


今年は節電の夏ってことで、
5月末にエアコンクリーニングを頼みました。
うちのリビングには、
シャープのお掃除機能つきエアコンがついていて、
隣のデグ部屋含めた結構広い範囲の温度管理をしています。


このエアコン、去年室内機からポタポタ水が滴るトラブルがあり、
慌ててフィルターを見てみたら、ホコリだらけだったのよね。
フィルター自動掃除機能もついていたので油断してました(- -;)
その時に中のファンを覗いてみたら、これにもホコリがベッタリ!
お掃除機能付きって、何にも役に立ってないじゃ~ん!


・・・というわけで、
今年は絶対にクリーニングを頼もうと決めていたのです。


ところが、お掃除機能付きエアコンを
クリーニングしてくれる業者って限られるのね。
下手な業者に頼むと、故障したりすることもあるという噂も聞いたので、
まずは、エアコンクリーニングしますと宣伝している、
シャープのグループ企業に問い合わせました。
・・・が、いかにもやりたくなさそうな対応で、話しにならず。
ここには、以前エアコンを遠隔操作するためのシステム取り付けの件でも、
結局グダグダ言って逃げられた経緯があったので、
予想はついていたのですが。


で、結局、ダスキンに来てもらうことになりました。


お兄さんが一人できて、しっかり養生して、エアコンを分解。
お掃除パネルの部分を取り外さないとクリーニングできないそうです。
この写真は取り外した状態。

お掃除中 

部屋の中はすごいことに(^_^;
左下に見えるのが取り外されたお掃除パネル。
デグーたちは、ふすまの向こうで元気にホイールを回していましたw


すごいことになってます 


最初にざっと、予洗いしただけで、こんなに真っ黒な水が
この色って、ニューネイチャーランドじゃないですか(汗

ひえ~! 


この後、高圧洗浄してくれたのですが、
どんな色の汚水が出てくるかと思うと、怖くて見れませんでしたよ(苦笑)


お掃除の後、エアコンを組み立て直して、
動作確認もしっかりしてくれて、
無事にクリーニング完了!
3時間半くらいかかりました。
普通のタイプのエアコンなら、1時間くらいで、値段も安いらしいです。
ああ、お掃除エアコンなんて買うんじゃなかったよ(涙


でも、徹底的にクリーニングしてもらったおかげで、
ファンもピカピカに綺麗になりました
これで、いくらかは節電になるだろうし、
何より綺麗な空気を吸えるってもんだわ。


純 

綺麗になったエアコンで、毎日快適だよ~  by 純


最後に、 節電も大切ですが、


デグーを飼っている方は、
エアコンでの温度管理を渋らないよう、
くれぐれもご注意ください。


汗もかけない、犬のようにハアハア舌で温度を下げることもできないデグーは、
温度が上がると、あっという間に熱中症になってしまいます。
人間が我慢できる温度でも、彼らにとっては命取りになります。
死んでいない場合でも、腎臓などの臓器に
大きなダメージを受けている場合もあります。


尚、温度は、エアコンに表示される温度や、リモコンの設定温度ではなく、
ケージの前に設置した温度計の表示を見て調整してください。
我が家は25-26℃が目標、
高くても27℃前半がギリギリといった感じで管理しています。
デグーの年齢・体調や、飼育頭数によっても違ってくるはずなので、
飼い主さんがよく観察して、温度を決めてあげてください。


このブログの読者の皆さんに参加していただいている、
デグーの適温の投票結果も参考になると思いますので、
よかったら一度ご覧くださいね♪
デグーの適温アンケート投票結果
まだ投票していない方は、よろしければご参加ください!
左サイドバーにフォームがあります。


節電は他の場所で精一杯がんばって、
(エアコンクリーニングもその一つです)
使うべきものは、ちゃんと使ってあげるようにしましょう。


命あってこその節電ですから!


クリックで応援よろしくお願いします。
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 小動物ブログ デグーへ
にほんブログ村

いつもありがとうございます☆
関連記事
←秘密 (管理者にだけ表示を許可する)

トラックバックURL
→http://tentenroom.blog64.fc2.com/tb.php/465-03062514
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。