-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-08-20 19:36 | カテゴリ:デグーの飼育環境
ジャンル:ペット テーマ:★デグー★Degu★
前回の日記でてんちゃんと純の順位争いについて書きました。


このようにデグーが激しい喧嘩をする場合には、
深刻な怪我を避けるために別居させなければいけません。
しかし、いつかは元の仲良し家族に戻って欲しいと願うのが飼い主心。
怪我をさせることなく、スムーズに同居させるにはどうしたらいいの?


ちょっと長い文章になってしまったので覚悟してご覧くださいw


今回は2匹の体格差も大きく、無理もできなかったので、
いつものちょっぴり強引な見守りは諦めて、
Degutopiaお見合いガイドに従って準備してみました。


お見合いガイドは子供用と大人用の2種類ありますが、
今回はもちろん大人用を利用しました。
Degutopiaの経験ではこの方法での同居率は100%だそうです!


実際のガイドは細かなタイムスケジュールに従って、
各ステップを非常に注意深く進めていきます。
しかし、今回は元々仲良しで同居していた2匹で、
別居期間も短かったこともあり、
要点だけを押さえて細かな点は省略して進めました。


最も重要なポイントはひとつのケージを上下に区切ることです。
二つのケージを並べたり、一つのケージを左右に区切る場合と比べて、
同居の成功率が格段に良いそうです。


こちらが今回準備した二世帯住宅。

2世帯住宅 

回し車の上に牧草のラインが見えますか?
ここが2階の床になっています。


我が家ではイージーホームハイメッシュを使っていますが、
こんな方法で上下を分けました。


まず、イージーホーム用メッシュステージを2枚取り付ける。 

メッシュステージを載せました 


次に、100均で購入したBBQ網を載せる。

BBQ網を載せました 

当初はBBQ網だけで仕切ろうと思ったのですが、
ちょうどいいサイズが無く、2枚使っても大きめの隙間ができてしまったことと、
何より強度に不安があったために、
メッシュステージの上にBBQ網を載せるという方法をとりました。

ちなみに、BBQ網は結束バンドと針金でつなぎ、
針金の部分には怪我防止のためにアルミテープで保護をしました。


さらに、休足マットを載せる。

休足マットを載せました  

これで足場が安定します。


最後に、牧草(バミューダ)を敷き詰めて、ステージをレイアウトして完成!

2階 

これが2階部分になります。
早速てんちゃんを入れてみましたがくつろいでいます。

牧草を敷き詰める必要が無い子もいるかもしれませんが、
うちの場合うっかり隙間に足をとられて捻挫することが無いように
(↑過去に経験あり)
普段から全面に敷き詰めています。


1階はこんな具合。

1階からの眺め 

2階の床が1階の天井になっています。


分かりやすいように動画でもご紹介。



1階の休憩用ステージの上にはもう一つステージをつけて、
2階からの落下物が休憩中のデグーに直接かからないようにしてあります。
餌入れ、給水ボトルなども、落下物が入らないよう位置を工夫してあります。
あと、実際には2階にハンモックもつけました。


これで準備は完了です!

この後は下記の方法で同居までこぎつけます。
*Degutopiaの方法の要約です。
 詳しく知りたい方は原文をご確認ください。
 (番号は原文と一致していません)


1.1階、2階のそれぞれにデグーを入れる。

2.数日おきに居住階を入れ替える
  何日おきに入れ替えるかは飼い主さんのご都合に合わせてOK。
  うちは1日おきに入れ替えました。
  (1日目にてんちゃんが2階にいたのなら、
   2日目は1階、3日目はまた2階という具合。)

  仕切りで隔離されているのでお互いに手を出すことはできないものの、
  互いの存在は気になるのでしきりに匂いを嗅いだり、
  仕切り越しに体に触れようとする仕草がしばらく続くと思います。

3.日を追うに連れて、段々とお互いを意識しないようになります
  自分の真上に相手の尻尾がぶら下がっていたとしても気にならなくなります。
  この状態が確認できたら次の段階へ。

4.どちらの縄張りでもない中立エリアで2匹をお見合いさせる。
  このときに同じ砂で砂浴びをさせ、
  再度中立エリアで10分程度一緒に過ごさせた後、
  1階、2階にそれぞれのデグーを戻す。

  *Degutopiaでは、同じ砂を使ったということを認識させるために、
   少量のアロマオイルを砂に垂らすことを推奨しています。
   もしこの方法を試す場合には皮膚への刺激が少ない
   ラベンダーの精油などを使うといいと思います。
   個人的には精油は強すぎる気がするので、
   乾燥ラベンダーを利用しています。

5.翌日も4を繰り返す。今度は20分のお見合い。

6.デグーたちの様子を見ながら、お見合いの時間を加減しつつ、
  4の作業を毎日繰り返す。
  一晩一緒に過ごさせても問題なさそうだと思ったら次のステップへ。

7.4を繰り返した後、2匹を同じ階に戻し、10分ほど見守る。
  問題ないようであれば、そのまま一晩一緒に過ごさせる。
  (夜は多くの時間を寝て過ごすので同居の導入には好都合)

  夜を過ごさせることが不安であれば、
  日中に20分ほど一緒の階で過ごさせ、
  安全を確認してから夜を一緒に過ごさせる。


8. 一晩問題なく過ごせたら、翌日は昼間も一緒に過ごさせる。
  それぞれのデグーが日中の活動においてグループのメンバーとして、
  どのような役割を持つのかを確認するための時間。
  問題なければ次のステージへ。

9.8で過ごさせたのとは別の階に一緒に移動させる。
  数日おき(ご都合に合わせて)に居住階をかえる。
  ケージのどのエリアにおいても、安定した順位を保つための準備期間。

10.1階、2階のどちらでも、デグー同士の順位が安定していることが
   十分に確認できたら、仕切りを外して通常の状態のケージに戻します。
   このときデグーは中立エリアで待機させます。
   仕切りを外すだけで、ケージの中のレイアウトは変更せず、
   掃除もせずに
、デグーを戻します。

   20分ほどデグーの様子を見守り、
   激しい喧嘩をするようであれば、再度仕切りをつけて、9に戻ります。  

   9までの段階を念入りにせず、仕切りを外すのを急ぎすぎると、
   せっかく決まった順位がまたリセットされてしまいます。
   この場合は再度1からやり直しとなります。

11. 仕切りを外した状態で喧嘩することなく仲良くできたら成功です!
    おめでとう~\(^O^)/


うちのてんちゃんと純の場合は、元々仲が良かった者同士で、
別居の原因も喧嘩ではなかったので、
かなり端折った方法で同居までこぎつけました。

具体的に言うと、
1-3までの作業を11日間。

その後砂場でのお見合いを一日。
このときは砂場の中でお互いのお尻の匂いを嗅ごうとぐるぐる回ってました。
バターになっちゃうと困るので、5分ほどで引き離しました。

翌日も同じ砂場に入れてみたら今度は互いに無関心に砂浴び、
その後一緒に1階に入って仲良く毛づくろいをはじめて、同居成功!

・・・といった具合です。
まあ、二世帯同居システムをはじめる前に、
何度か中立エリアでお見合いさせて、散々毛束を散らしていたので、
その期間も2匹にとっては準備期間になってたとは思いますけどねw


ふぅ~、我ながらうんざりするくらい長いエントリーでした(- -;)
お付き合いくださった皆様もお疲れ様でした!


これから同居させようとされている皆様、
うまくいきますように☆


クリックで応援よろしくお願いします。
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 小動物ブログ デグーへ
にほんブログ村

いつもありがとうございます☆
関連記事
←秘密 (管理者にだけ表示を許可する)

トラックバックURL
→http://tentenroom.blog64.fc2.com/tb.php/404-6ba9a5a7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。