-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-07-09 15:39 | カテゴリ:デグーの怪我と病気
ジャンル:ペット テーマ:★デグー★Degu★
大事なところが出たまま戻らなくなってしまったてんちゃん、
木曜日は2回目の通院でした。


これまでの経過は下記をご参照ください。
てんちゃんの災難 ~ デグーの生殖器脱
てんちゃん自宅での様子 ~ デグーの生殖器脱


今日は旦那が車で病院まで連れていってくれました。
必ず行かなければいけない仕事は午後からだったものの、
お昼にはセミナーに参加の予定だった旦那。
ひょっとしたら間に合わないかもと連絡するのはいいけど、
「ペットのち○ち○が腫れて、病院に連れていくので遅れます」
とストレートに言うのはどうかと思う(苦笑)
結局、遅れるどころか欠席になっちゃったけど(^_^;
 

さて、本題。


前提となる患部の状態を日を追って載せておきます。


1日目 ・・・ Day 1
Day 1 

分かりやすいように、患部を4つに分けて説明します。

Area 1  包皮  Sheath
本来はこの中に陰茎が納まっています。
おそらく気にして齧ったか、少し赤くなっています。
Looks slightly red.

Area 2 陰茎の根元の部分 右側  Penis right side
赤く炎症を起こしています。
Looks red from inflammation.

Area 3 陰茎の根元の部分 左側 Penis left side
大きく腫れあがっています。
粘膜状の上皮がところどころ剥がれてしまっていました。
Swell from inflammation.
Mucosal epithelia were peeled off in patches.

Area 4 亀頭部 Glans penis
換毛期で抜けた毛が乾いて貼り付いてしまっています。
それによって、亀頭部が締め上げられ、血流が阻害されて、
陰茎全体に炎症を起こしてしまったと推定されます。
Brown part was fur stuck and dried around penis.
It was removed by a vet


2日目 ・・・ Day 2
Day 2 

Area 1 
気になるのか齧ってしまったようで少し赤くなっています。
ペットシーツに少量の血がついていました。
Red area became bigger. Tenten start chewing the area.

Area 2 & 3
赤味が引いてきました。
1日目にお腹周りの毛を剃ってもらったのですが、
それでもどうしても抜け毛がくっついてしまいます。
Looks better than the day before.
Although the vet shaved  the fur around the penis,
still couldn't prevent it from sticking.  

Area 4
1日目に貼り付いていた毛を剥がしてもらったときは
この部分も赤くなっていましたが、
随分色がよくなってきました。
Color and swelling looks much better than the day febore.


3日目 ・・・ Day 3
Day 3 

Area 1
写真では分かりづらいですが、2日目からさらに齧ってしまっています。
He can't stop chewing. Red area became bigger. 

Area 2
赤味も腫れもかなり引きました。裏側は色も綺麗なピンクになっています。
Color and swelling are much better. The back side is beautiful pink.

Area 3
初日よりはいいような気がしますが、まだかなり腫れています。
上皮が剥がれてしまっているために、
触るとざらざらと乾燥したような感触です。
これからかさぶたになって剥がれて元にもどるのか?
その際に痒くなったりして、齧ってしまわないか心配です。
Much better than Day 1, but still it's considerably swollen.
Surface is rough feel.
I'm worried if it's became scabby, he may chew the area and
make the condition worse.

Area 4
2&3の腫れがおさまってきたおかげで姿が見えてきました。
後ろに見える肛門の色と比較しても、正常な状態に近いことが分かり、
今のところ壊死していないことが分かります。
Looks good.
The color of the glans penis is as good as that of the anus.


After the discussion with the vet, we decided to continue the medication
for a few more days. If the swelling was improved, he will try to retract
the penis manually under general anesthesia.

3日目の状態で診察を受けました。



先生が予想していたより
腫れが引いていたそうです\(^O^)/



でも、まだ元に戻せるほどではないので、
あと数日、薬を続けて、腫れが引いたところで、
全身麻酔をかけて元に戻すことを試みることになりました。


Chloeから包皮を切開した例を教えてもらっていたので、
そのことも含め、手術の可能性についても相談しました。
また、「出たまま」の状態で暮らす可能性についても相談しました。


色々な可能性とそれぞれのリスクは頭にいれつつ、
今は腫れが引くことを願って薬を塗っています。


ただ心配なのは、そこにたどり着くまでの間に自分で齧って
症状を悪化させてしまうこと。
それを防ぐために、ダメ元でエリザベスカラーをつけてみました。

 ←こういうの Not for degus!


デグーに合うサイズはないので、
先生がお手製で作ってくれて、
嫌がるてんちゃんにつけてみたところ、
ライオンみたいでかわいい(*^▽^*)


そのままそっとケージに戻してみると


てんちゃん大パニック!


ものすごい速さで、滅茶苦茶な方向に走ったりジャンプしたり、
ケージやフィーダーにぶつかるのもお構いなしのパニックぶり。
まるで活きのいい伊勢海老のようでした。
慌ててケージから出して、カラーを外し、
再びケージに戻してオヤツを渡すと、
何事もなかったかのように受け取って食べ出すてんちゃん(苦笑)
急に視野が狭くなって怖かったのでしょうか?
ごめんね~。怪我しなくてよかった(汗


教訓


デグーにエリザベスカラーは無謀



といった感じで、2回目の通院は終了。
相変わらず4時間おきに
てんちゃんの大事なところに塗り塗りする日々です。


でも、本デグーは至って元気です。


ご褒美 

薬の後にごほうびをもらうてんちゃん。


もう終わりですか? 

もっとないの?   by てんてん


VIP待遇を受けて、どんどんわがままになっているような気がします(^_^;


皆さんへのブログにコメントができず、
しばらく読み逃げになってしまい申し訳ありませんm(_ _)m



クリックで応援よろしくお願いします。
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 小動物ブログ デグーへ
にほんブログ村

いつもありがとうございます☆
関連記事
←秘密 (管理者にだけ表示を許可する)

トラックバックURL
→http://tentenroom.blog64.fc2.com/tb.php/389-33fec7da
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。