-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-07-08 20:08 | カテゴリ:デグーの怪我と病気
ジャンル:ペット テーマ:★デグー★Degu★
てんちゃんのペニス脱について、
たくさんの応援や助言ありがとうございました。


体験談を寄せてくださった方々、
「こんな方法はどう?」とアイデアをくださった方々、
私のことまで気遣ってくださった方々、
「七夕にお願いします」と言ってくださった方々、


心のこもったコメントの一つ一つに励まされました。


DegutopiaのChloeからも体験談を教えてもらい、
海外のデグー飼いさんたちからも応援の言葉をもらいました。


皆さんにこんなに応援してもらえるなんて、


てんちゃんは幸せなデグーです(*^▽^*)


皆さんからいただいた言葉の数々を頭に叩き込んで、
今日は2回目の通院に行ってきました!


通院のお話を書く前に、
前回の通院以降の自宅での様子をまとめます。


・飲み薬(ステロイド入り)
 一日一回。
 そのまま口に近づけても飲まなかったので、
 小さく割ったソフトトリーツにつけて食べさせました。
 湿った状態でも問題なく食べてくれました。


・塗り薬(ステロイド入り)+ワセリン
 夜中も含め、4時間おきに塗りました。
 塗り薬→ワセリンの順に塗ります。
 乾燥防止の目的もあるので、
 もうすこし頻繁に塗りたいところですが、
 塗ると患部を気にして齧ってしまうので、
 乾くか乾かないかギリギリのライン4時間間隔で塗りました。
 薬を塗った後はソフトトリーツ や乾燥キャベツなどを
 ほんのひとかけら(5x5mm程度)ごほうびに与え、
 「嫌なことを我慢すればいいことがある」と覚えさせました。

 塗るのは一人で行っています。
 左手のひらで、デグーの前脚の下からお腹にかけての部分を保持しつつ、
 自分のおへその辺りに、デグーのお尻を軽く乗せるような形で座らせます。
 デグーの背中を自分のお腹に軽く押し付けるようにすると、
 身動きが取りづらくなり、暴れることなく身を任せてくれます。
 そのまま左手の指で、胸のあたりや、頭を撫でてリラックスさせながら、
 右手で患部に薬を塗ります。

 ちなみに・・・
 目薬をさすときなども同様の姿勢で行うと、一人でもうまくさせます。
 その場合は、左手の親指で上まぶたを少し押さえ、
 残りの指であごから首の後ろにかけてを固定しながら、
 顔を少し傾けてやるとさしやすいと思います。 


・食欲&元気
 普段と全く変わりありませんでした。


・糞

 初日は全部集めて数や状態を確認しました。
 若干小さくなってはいますが、数も出ており問題なし。


・おしっこ

 大体4時間おき、薬のタイミングに前後して出ています。
 尿が出なくなることが一番怖かったので、ほんとうによかったです。


薬を塗られるのはてんちゃんにとっても相当なストレスですが、
自分から手の上に乗ってきて身を任せてくれます。
敏感なところを触られるのはやはり気持ち悪いらしく、
塗っている最中に指を軽く噛んできますが、
マジ噛みはせずに、必ず寸止めしてくれますし、
終わるまでは暴れずに我慢してくれます。
こうゆうところはさすがてんちゃんだなぁ~と感心してしまいます。
一応飼い主のこと信頼してくれてるんですね^^


一日目帰宅後 

初日通院から帰宅後の写真。


最悪このまま永遠のお別れになっちゃうのかなぁ~と思いながら、
写真を撮りました。


このあと、動いている姿もとっておこうと、動画を撮影していたら、
目の前でおしっこをたくさんしてくれて、「まだ大丈夫そうだ」と安堵しました。


新聞紙だとおしっこがいつまでも乾かず、体が冷えてしまうので、
今は新聞紙の上にペットシーツ、その上にキッチンペーパーを敷いています。
おしっこがついたり、食べかすの粉がついた箇所だけキッチンペーパーを取替え、
どうしても引きずってしまう患部が触れる場所が、
なるべく綺麗な状態になるように気をつけています。


次のエントリーで2回目の通院の様子を書きます。


てんちゃんがんばってます!
クリックで応援よろしくお願いします。
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 小動物ブログ デグーへ
にほんブログ村

いつもありがとうございます☆
関連記事
←秘密 (管理者にだけ表示を許可する)

トラックバックURL
→http://tentenroom.blog64.fc2.com/tb.php/388-e0220003
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。