-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-07-06 23:38 | カテゴリ:デグーの怪我と病気
ジャンル:ペット テーマ:★デグー★Degu★
てんちゃんが厄介なことになってしまいました。


気がついたのは今日のお昼14時ごろ。
なんとなく男子ケージに目をやると、
てんちゃんは回し車の上にいました。
中腰に座って、うつろな目をしている。
その様子になんとなく違和感を感じて近寄ってみました。
声をかけてもあまり反応はなく・・・


ブルー 

こういう顔してるときは何かある!


「眠いだけだといいんだけど」と内心思いつつ、
体温を確認しようと手を伸ばして触ろうとすると、
「キュー」と鳴きました。
その後やたらと股間を気にしています。
んん?これはちょっと変だぞ?!


ひょっとして・・・


「てんちゃん!ここに来なさい」と膝をぽんぽんと叩くと、
ケージの手前までやってきましたが膝には乗りません。
(いつもならすぐに乗るのに・・・)
私が確認したいのはてんちゃんの股間。
下から覗き込んでも見えないので、
膝の上に乗せて立ち上がらせたいのです。


いくら待っても乗ってこないので、
仕方なく両手ですくいあげ、
「キュ、キュ、キュ~」と嫌がるてんちゃをひっくり返しました。


やっぱり・・・


陰茎が出たまま引っ込まなくなってます。


出っ放し 


先っぽの黒くなっているのは毛がこびりついて固まってしまったもの。
真ん中の膨らんでいるのは本来出てくるはずのない部分。
炎症を起こしているのか赤く腫れてしまっています。
根元の部分は包皮、本来この中に納まっていないといけません。


朝砂あびさせた時は何ともなかったので、
その後に問題が発生してしまったようです。


かかりつけの病院の診察開始時刻は16時。
病院まではバス+電車+徒歩で一時間ほどかかります。


なんとか自分で戻せないかなと、
抗炎症作用もあり口に入れても安全なオイルを綿棒の先につけて、
毛をほぐそうとしてみたけど、一人でやるのはとても無理(>_<)


どうしよう・・・


ファーリングだけなら、近所の病院でも診てくれるかなと、
いくつかの病院を検索してみたけど、
どこも診察開始が17時以降。
もし、それまで待って「うちでは診れません」と言われちゃったら、
かかりつけにも間に合わない。


これはもう行くしかないか!
腹をくくって旅に出ることにしました。


どこに行くの? 

どこに行くの?


と、かわいい顔で見上げてくるけど・・・


気になる 

やっぱり気になる。


ああ~、あんまりいじらないで欲しいなぁ・・・


ばい菌が入るといけないので、敷材は新聞紙だけ。
お弁当にほんの少しの牧草を入れて、
タオルにくるんだ保冷材をケージの外にあてがって、
まだ蒸し暑さの残る中病院へ!



いざ診察してもらうと、事態は私が思っていた以上に深刻でした(- -;)


まずはファーリングを取らなくてはいけないのですが、ここから大変。
抗炎症剤と潤滑剤を塗ってピンセットで剥ぎ取りますが、
毛が乾燥してしまっていてなかなか取れない。
私がてんちゃんを抱っこして先生に向けている状態だけど、
てんちゃんも嫌がって手足をバタバタさせたり、私の手を甘噛みしたり。
それでもどうにかこうにか毛を剥がし、


いよいよ飛び出たペニスを元に戻す作業。
潤滑剤を塗ってはいるものの、やることは原始的。


手で押し込む!


でもね、全然入らないの。
てんちゃんもよく我慢してくれたんだけど、
段々と小刻みに震えはじめて・・・
先生がグイッと押し込むたびに、ビクン!と体を動かすの。
途中で外用の局所麻酔も使ったけど、
先生曰く「かなり痛いはず」
それでも怒ってマジ噛みすることもなく、
耐えてくれるところはさすがてんちゃん。
でも、一向に入る気配はないし、
てんちゃんの振るえが私の手に伝わってくるし・・・


このまま続けると、ショック状態になるかも?と不安になり。
「麻酔をかけてください」とお願いしました。


デグーに麻酔をかけるのはリスクを伴います。
それは承知の上で、お願いしました。


短時間の全身麻酔をかけていただき、
先生にも頑張ってもらったのですが・・・


やっぱり入りませんでした(T_T)


麻酔がかかった状態のてんちゃんを見せてもらったのですが、
ペニスの根元の粘膜の部分の皮が一部剥がれてしまって、
すっかり炎症を起こしてしまっていました。
戻そうにも、腫れすぎていて戻せなかったのです。


今日はこれ以上は無理なので、
炎症を抑えるためにステロイドの飲み薬と、
抗炎症剤の塗り薬、乾燥防止にワセリンを処方してもらいました。
乾燥すると壊死してしまい、
おしっこが出なくなると尿毒症になって死んでしまうので、
日に何度も薬を塗って乾燥を防がないといけません。
明日は休診日なので、あさって再診に行きます。


あさってまでに腫れがおさまって、
てんちゃんのブツも元の鞘に納まってくれれば万々歳なんですが、
炎症が酷いので、ちょっとどうかな。。。


そして、何より怖いのが齧歯目の習性。
体のどこかに違和感を感じると、齧ってしまうのです。
もし、自分で齧ってしまったら、もうアウトです。
明日は休診日ですが、
「万一齧って血だらけになるようなことがあれば、電話をください。」
といわれました。


最悪、カットという可能性もありますが、
カットするにしても位置が悪く、予後が悪いことが予想されるそうです。


ま、とにかく色々な可能性は頭に入れつつも、
炎症が治まってくれることを祈りつつ、
明日のお世話がんばります!


てんちゃんのブツが元の鞘に納まりますように!
クリックで応援よろしくお願いします。
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 小動物ブログ デグーへ
にほんブログ村

いつもありがとうございます☆
関連記事
←秘密 (管理者にだけ表示を許可する)

トラックバックURL
→http://tentenroom.blog64.fc2.com/tb.php/387-1a38d3b2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。