-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-06-28 17:36 | カテゴリ:デグーの食べ物
ジャンル:ペット テーマ:★デグー★Degu★
今日はDegutopiaから 生野菜のお話です。

デグーに生野菜を与えるメリットと注意点について考えてみましょう。


237お願い
Degutopia関連の記事をご覧になるのがはじめての方は、
まず最初にこちらに目を通してください。
 8Degutopia関連記事に関する注意点

 

 


☆☆続きページ☆☆


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
引用元: http://www.degutopia.co.uk/degudiet.htm


デグーの食餌 


生野菜

デグーベジタブルガイドはこちらをクリック!

デグーには適量の生野菜を与えるべきです(36)。但し、果物については、ほとんどの種類に糖が含まれるため制限してください(36)。生野菜には、草食動物の食餌の重要な要素である必須アミノ酸や脂肪酸が含まれますが、これらの要素をドライフード(乾燥飼料)に組み込むことは容易ではありません。生野菜、特にレタス、キャベツ、豆類の食べすぎは鼓腸症の原因となりますが(55)、デグーにとって安全な野菜もたくさんあります(上記ボタンからリンクのガイドにデグーにとって安全な野菜のリストが掲載されています)。デグーはバジル、ミント、パセリなどの生のハーブも喜びます。おおよその目安では、週に1-2回、親指の爪ほどのサイズの野菜2-3種類がデグー1匹あたりに与えるべき量です。

生の果物は、デグーが糖尿病でない場合に限って、月に1回ごく少量を与えるにとどめてください(糖尿病の場合には果物は与えてはいけません)。



© Copyright C.V. Long BSc 2004 - 2009; 許可なく転載することを禁じます

Degutopiaトップページはこちら http://www.degutopia.co.uk/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


いかがでしたか?


人とデグーでは体の構造や機能が全く違います。


人間にとってはヘルシーなイメージのある食品も
使い方を誤ればデグーにとっては害になります。
逆にうまく使いこなせば利点もあるでしょう。


個人的な経験からすれば、
生野菜や果物は「どうしてもあげなければいけない」ものではありません。
現に我が家では2年ほど前までは野菜や果物は一切与えていませんでしたが、
特にそれが原因の問題は発生しませんでした。


最近では、時々生ものをあげることはありますが、
本当に飼い主の気まぐれ程度の頻度です。
多くても月に4日ほどでしょうか?
内容としてはイネ科やタンポポの仲間などの野草。
野菜ではケール。
そして、果物は一切与えません。


デグーによって体質も違えば、
使っているペレットに含まれる糖質の量も異なります。
ですから、なにを与え、なにを与えないかの最終判断は、
飼い主各自にゆだねられます。


しかし、超えてはいけない一線が分かると助かりますよね。
それが今回リンク先で紹介しているデグーベジタブルガイド。


え?早く翻訳しろって?


ま、そのうちに~(^^;ゞ


要点だけ簡単に説明しますと・・・


・お皿に入っているのがデグー1匹1回あたりの量です。
 (食べ残すことも考慮した量です)

・生野菜が苦手な子にはドライハーブなどを混ぜて、
 たとえ食べなくても毎回与えてみてください。
 そのうち急に食べるようになることがあります。

頻度は週に1-2回。
 内容は毎回変えて、鼓腸症のリスクを減らします。

・下部の紫色の表がデグーに与えても大丈夫な食品のリスト。

 左列: 鼓腸症を起こす可能性があるので、控えめにすべき野菜。
 
 中列: 糖類を含むため、控えめにすべき野菜。
      糖尿病のデグーには与えないでください。
 
 右列: その他の野菜


といった感じです。


但し、最後の表については注意点があります

・欧州のものに比べて日本の野菜は糖類が多いものもあるので、
 量については注意が必要。


・与えても問題がないのか個人的に疑問に思う野菜が含まれる。
 日本の種とは違うのかもしれないので、与えないでください。


 Spinach ほうれん草 ・・・ シュウ酸が多いです。
  Leek セイヨウネギ・ポロネギ ・・・ ユリ科は中毒を起こします。
 Spring onion 春タマネギ ・・・ 同上



この表になくても、与えてもいい野菜、いけない野菜はあります。
しかし、下手に冒険をするよりも、
確実に安全なものを与えるよう心がけたほうが、
結果的にデグーの健康を守ることができるように思います。


デグーの飼育方法はまだ発展途上です。
海外の飼育本を見ても「これはまずいでしょ~」と思うような
写真や文章が載っているものがあるくらいです。


6年前にDegutopiaが開設されたのも、
当時のイギリスでは「デグー都市伝説」が蔓延していたから。


今の日本は正に6年前のイギリスと同じ状況だと思います。
ネット上に溢れる情報の中には、
裏づけのあるもの、まだ研究の途中のもの、
なんとなくそうなんじゃないの~なもの、そして実に怪しいものまで様々。
玉石混交の情報の中から選び取るのが飼い主の役目です。


特に健康に直結するような内容については、
慎重に判断したいものですね♪



クリックで応援よろしくお願いします。
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 小動物ブログ デグーへ
にほんブログ村

いつもありがとうございます☆

関連記事
←秘密 (管理者にだけ表示を許可する)

トラックバックURL
→http://tentenroom.blog64.fc2.com/tb.php/384-5de01006
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。