-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-05-30 13:09 | カテゴリ:デグーの食べ物
ジャンル:ペット テーマ:★デグー★Degu★
先日のこと、とあるデグ友さんから


デグー用って明記されたバナナが売られてるんだけど、どう思う?


と意見を求められました。
検索してみると・・・出てきました。
うん、確かに「デグー用のオヤツです」って書いてあるね。
デグー用ってことは、何か特殊な処理をして、
糖分など不要な栄養素を減らしてあるのかな?


原料を見ると・・・げげっ!
加糖してあるわ、油脂たっぷり使ってるわ、
一体どの辺がデグー用なのよ?!
これを毎日オヤツとしてあげてしまったとしたら・・・
想像するだけで恐ろしいです。


でもね、HPには「適度におあたえください」って書いてあるので、
クレームはいえないのです。


どのくらいが適度なのか、
理解して調整するのが飼い主の役目だから。



では、この機会に、
デグーに必要な栄養素についておさらいしてみましょう♪(b^ー゜)


デグーに適した餌の栄養成分の目安は下記表の通りでしたね。

デグーの餌信号 
*この表をはじめてご覧になる方はまず下記の日記をお読みください。
 デグーの餌 ~ part 3 ペレットの栄養素の目安


この表を基準にして、
各食品のデグーに対しての適切度を判断していくのが私流。


では、例としてバナナについて調べてみましょう。
とはいっても、あれやこれや添加してある加工品は調べようがないので、
純粋な原料としてのバナナで調べてみます。


まず、糖質の求め方として下記公式を覚えてください。


糖質 = 炭水化物 - 食物繊維


次に、バナナに含まれる栄養素を確認します。
五訂増補食品成分表(2010)という本で調べます。

 


買ってもよし、本屋や図書館で立ち読みしてもいいですが、
下記サイトからも調べられます。

食品成分データベース

文部科学省が開発し、試験的に公開しているものだそうです。
いつまで無料閲覧できるのか分かりませんが、
使えるうちはありがた~く使わせていただきましょう♪
*このサイトもデグ友さんから教えていただきました^^


1.検索窓に「ばなな」と入力し、検索。

2.複数の候補が出てきた場合には、
  チェックボックスを利用して、対象を絞り込む。
  今回は「果実類/バナナ/乾」のみ選択し、
  <結果を表示>をクリック。

3.乾燥バナナの成分が表示されましたが、
  これだけでは糖質が分かりません。
  <表示成分選択>をクリック。

4.追加したい成分を選択します。
  今回の目的では「食物繊維総量」を選択し、
  <結果を表示>をクリック。

5.3で表示された項目に「食物繊維総量」が追加された
  結果が表示されました。

  表示された結果を先ほどの公式に当てはめて計算します。

 (炭水化物)78.5-(食物繊維)7.0=(糖質)71.5g/100g


ってことはですよ・・・乾燥バナナの糖質は71.5%!!

ひぇ~!想像していた以上にすごいですね
デグーの餌信号では糖質は5%以下とされていますから、
バナナの危険性がどれほどか分かりますよね。


・・・と、こんな感じで調べられます♪


もちろんバナナ以外にも、色々な食品が調べられます。
与えている方も多い、キャベツ、ニンジン、カボチャ、サツマイモ、
レーズン、蕎麦の実、落花生などはどうなのかな?
逆に、与える意味もないくらい栄養が不足している野菜はあるのかな?
気になる方はこの機会に調べてみてくださいね♪(b^ー゜)


「乾燥品」の項目がない食品もあります。
その場合には「生」で検索してみてください。
乾燥品は生よりも成分が凝縮されるので、
生で出た値が基準値を超えているようであれば、
乾燥品もアウトと考えていいでしょう。 


クリックで応援よろしくお願いします。
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 小動物ブログ デグーへ
にほんブログ村

いつもありがとうございます☆ 
関連記事
←秘密 (管理者にだけ表示を許可する)

トラックバックURL
→http://tentenroom.blog64.fc2.com/tb.php/373-dad12220
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。