-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-11-27 17:37 | カテゴリ:デグーの食べ物
ジャンル:ペット テーマ:★デグー★Degu★

皆様にご相談があります。
できるだけ多くの方にご意見いただければ幸いです。


先日の記事
デグーの餌 ~ part 3 ペレットの栄養素の目安
はご覧いただけましたでしょうか?


この回では、
デグーの餌の目安となる栄養素の目標値をご紹介しました。
記事をご覧になった方は、ご自分がお使いのペレットと
表の値を比較されたことと思いますが、
一つだけ、含有量が分からない栄養素がありませんでしたか?


はい、糖質ですね。
デグーを飼っていると一番といっていいくらいに気になる値ですが、
ほとんどのペレットには記載がないことと思います。


Degutopiaではイギリスで人気のあるペレットについて、
順次研究機関での糖質分析をしていますが、
(費用は賛同者からの寄付金でまかなっています)
残念ながら日本で入手可能なペレットは含まれていません。


そこで、もし希望者&ご協力者の人数が集まれば、
日本で使用者の多いペレット数種類についても
分析検査に出してみようかと考えています。


食品に詳しいデグー飼い仲間にも相談してみたのですが、
日本での検査は費用がかなり高額になることが分かりました。 


そこでDegutopiaのサイトオーナーであるChloeに相談したところ、
彼女のところにペレットを送付すれば、
1商品あたり30ポンド(約4500円)で
試験(糖質のみ)を手配してくれると返答をいただきました。


ただ、検査しようとなると私一人で負担できる額に限りがあります。
こういったプロジェクトに賛同していただけ、
費用の援助をしてくださる方が集まるのであれば、
検査の手配をしようと考えています。
また、試験体となるペレットの提供もどなたかにご協力いただくことになります。
(1銘柄あたり200g、同一パッケージから採取)


ご参考までにDegutopiで行った検査結果をご紹介します。
(pdfファイルです)
http://www.degutopia.co.uk/22062009TotalSugarsAnalysis.pdf
http://www.degutopia.co.uk/05112009TotalSugarsAnalysis.pdf
全部で7銘柄検査し、3.3%から7.9%のばらつきがありました。
基準値の5%を超えるものは2銘柄ありました。
(残念ながら日本で入手できるものは含まれていません)


寄付金は一口1,000円とし、
銘柄を指定してお寄せいただく方法を考えています。
検査に必要な額が集まった銘柄は検査決定。
余った額は次点以降の銘柄の検査費に回すといった感じです。
為替レートによって余剰金が出る可能性がありますが、
それらはDegutopiaの活動に寄付する予定です。


試験体の英国までの送料は私Hirokoが負担する予定です。


ご協力いただける方は
コメント欄に下記をご記入の上お知らせください。

1.希望銘柄
2.寄付可能口数


募集期間はとりあえず、12月10日までといたします。
(様子を見て変更の可能性あり)

ぱくぱく大ちゃん 


ご検討よろしくお願いします!


☆11月28日追記☆

分析を行うかどうかは12月10日の締め切りを待って決定します。
多くの方にご協力いただければいただける程、
お一人様にご負担いただく金額が少なくなります。

寄付金の送金方法詳細についても、それ以降にお知らせいたします。
今のところ、下記の方法でお願いできるよう手配する予定です。

<銀行振り込み>
・新生銀行
・三菱東京UFJ 銀行
・ゆうちょ銀行

<電子マネー>
edyギフト
楽天キャッシュ



なるべく多くの方の目に留めていただけるよう、
クリックで応援よろしくお願いします。
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 小動物ブログ デグーへ
にほんブログ村

いつもありがとうございます☆

関連記事
←秘密 (管理者にだけ表示を許可する)

トラックバックURL
→http://tentenroom.blog64.fc2.com/tb.php/311-cb5a1d53
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。