-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-05-06 00:06 | カテゴリ:デグーの怪我と病気
ジャンル:ペット テーマ:★デグー★Degu★

面白い写真や画像が貯まってきたので、どんどん紹介していきたいのですが。。。

そんな予定も吹っ飛ぶ事態が発生してしまいました(汗



ここ数日飲水量が増えた気がしていたオスのケージ。
見ていると純が飲んでる頻度が高い気がする。

純


実は引越し直前の3月20日の測定で、301gと大台に乗ってしまった純。
今月2日の体重測定では303gと2g増。
元々大柄だとは言え、 一番小さいてんちゃんの247gと比較するとかなりのデブー 356
尿検査もしたかったんだけど、このときは採尿できず、3日に再チャレンジ。

はい、出ました。
尿糖レベル最高値(+++)です12

ちなみに、こちらが250ccのボトル満水後およそ24時間経過後の残量です。

水

それぞれのケージで3匹ずつ飼っているので、
どの子がどれくらい飲んでいるのか正確に把握することは不可能。
普段の様子を観察して、それぞれの子の飲量の異常を判断しています。

尿糖が検出された以上、一刻も早く治療を開始しなければいけません。
引越し前に東京時代にお世話になっていた動物病院に電話をして、
こちらでホメオパシー診療ができる病院と先生を教えてもらっていたのですが・・・
まさかこんなに早くお世話になるとは思わなかったよ(- -;)


電話をして受付の人にデグーの診察の可否を聞いてみると・・・

「今日はデグーを診察できる先生もいますので大丈夫です」

よしよし。

先生が21名もいる大病院で、毎回診察する先生が変わると噂に聞いていたので、
これまでの事情を簡単に説明し、ホメオパシー診療担当の先生を指名できるか聞いてみると、
「指名は可能。 念のため本人に確認して今日中に折り返し電話する」と言われました。

受付の対応は◎


2時間程後、病院から電話・・・と思ったら先生ご本人 356

なんとわざわざ東京の主治医に電話して、
今までの治療の内容等確認してくれたそうです。
「具合の悪い子のお名前は?」と聞かれたので「純です」と答えると
「ああ、やっぱり純君ですね。○○先生も純くんかなって仰ってました」
いやぁ~、先生方、的確なコミュニケーションありがとうございますm(_ _)m 

その後先生に治療について相談したところ、
・デグーの診断自体はエキゾチック担当医が行う。 
・診断確定後、先生方で相談してホメオパスの処方内容を決める。
・現在手元に適当なレメディが無く取寄せに2週間程かかる。
 遠方なので、何度もデグーを連れてくることが負担であれば、
 後日レメディを郵送することも可能。

という感じでした。
とても丁寧に対応していただき、
挙句の果てに電車の乗り継ぎまで教えてくれました(^^;ゞ
住んでるとこまでバレテたよ(苦笑)

名古屋の繁華街を経由して片道1時間半ほどの通院、
おまけに待ち時間も長い大病院だけど、
治療のためなら仕方ないね。
GW明けに天気の穏やかな日を狙って行ってこようと思います。


というわけで、レメディ入手までがんばってもらわなければいけないので、
地元の農産物直売所までチャリ飛ばして、
糖尿に効果があると言われている薬草の類を買って来ました。
カキドオシと、タラノキと、桑の葉。

薬草


桑の葉はマルカンのがまだ家にたくさんあるけど、
こちらのも美味しそうだったので・・・

タラノキは本当は根の皮が一番いいそうですが、
漢方のお店でしか手に入らず、しかも高価なので、
取り急ぎ葉と茎を買ってきました。
タラノキの薬理作用についてはこちらのHPが分かりやすかったです。


効果あるといいんだけどなぁ~。
ちなみに、デグーたちはかなりお好きな様で鼻息荒く食べてました。
いくら薬草だからと言え、食べすぎ注意!

関連記事
←秘密 (管理者にだけ表示を許可する)

トラックバックURL
→http://tentenroom.blog64.fc2.com/tb.php/212-21403123
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。