-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-01-16 16:30 | カテゴリ:デグーの怪我と病気
ジャンル:ペット テーマ:★デグー★Degu★

先日のブログに書いたとおり、今年に入ってから飲水量の増加が気になっていたてんちゃん。日曜日に再度尿検査をしてみました。検査用のおしっこは当日自宅で採取し、病院に持って行きます。


前回の検査時には「水槽の中に閉じ込めおしっこを待ち、スポイトで採取する」を何度も繰り返してようやく0.2ml程を採取しました。今回も時間がかかるだろうと予測して、水槽に移したとたん大量におしっこ。たった一回で0.6mlくらいを採取、おまけにまだ水槽内に残ってる。色も透明に近い。
う~ん、これはやっぱり「多飲多尿」の症状が出ている・・・・やばいかも。
病院行きは旦那に任せて、私はお留守番。


結果は・・・タイトル通りでございます。
てんちゃんは正式に糖尿病に認定されてしまいました12
詳しい値は聞いてこなかったそうだけど糖は「結構出てますねぇ」とのことで糖尿認定です。
今回は血液検査まではしませんでした。

犬や猫であればインシュリンを打つこともできるけど、小動物ともなると治療法も限られます。通っている病院の方針が「なるべく自然治癒力に期待する」のようで、怪我の時と同様ホメオパシーを使うことになりました。インシュリン分泌を助けるホメオパシーを一日2回2滴ずつ飲ませて、3週間後に再度尿検査をします。


ところが、このホメオパシーなかなか飲んでくれないんです(泣)
怪我の時は飲みやすくするためと保存性を上げるために若干の糖分が添加されていたので喜んで飲んでいました。今回は添加できないため、どうやらマズイらしい。今朝は旦那が抱っこして、私が無理やり口にくっつけて飲ませました。ちゃんと飲まないと良くならないよ~。


白内障発症後随分たってからの糖尿病発症で、両症状に関係があるのかないのか良く分かりませんが、子の世代にも白内障(純は今のところ糖尿では無い、まいちゃんの死因は多飲多尿の症状から考えると恐らく糖尿病)が出ていることを考えると、遺伝やデグーが本来持っている体質に起因するところが大きいんでしょうねぇ。これからどのように病状が推移するか分かりませんが、見守っていこうとおもいます。


20070116162911.jpg

水飲みすぎのてんちゃん。
皆さんもデグちゃんの水の量よくチェックしてあげてくださいね。

関連記事
←秘密 (管理者にだけ表示を許可する)

トラックバックURL
→http://tentenroom.blog64.fc2.com/tb.php/122-24f6fec7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。