-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014-05-27 18:47 | カテゴリ:デグーの怪我と病気
ジャンル:ペット テーマ:★デグー★Degu★
昨日、きくちゃんが亡くなりました。
8歳3か月12日。


まだ私が入院していた2月に、左前脚を浮かせていることに旦那が気づき、その日のうちに病院へ連れていってくれました。診断は、関節炎と骨粗しょう症。骨は全体的にスカスカで、肩の関節が変形していたそうです。それからは、消炎鎮痛剤を飲んでいましたが、再びその脚を使えるようにはなりませんでした。それでも、上手にステージをピョンピョンと飛び回り、回し車を爆走し、良く食べ、元気に過ごしていました。


5月の11日から、足腰が立たなくなり、徐々に自力で動くことが困難になり、最後の数日は寝たきりとなりました。症状は純の時とそっくりで、おそらく骨粗しょう症により、脊椎の神経を痛めてしまったのかなと思いました。純の時のノウハウで、寝たきりの介護をして、食欲は落ちたものの、毎日何かしら食べてくれて、動けないけど、目はキラキラ、意欲を感じさせてくれました。


それでも、その日が刻一刻と近づいているのは間違いなく。明日はもう無理かもと、毎日覚悟を決めていましたが、きくちゃんは頑張り続けてくれました。週末は、旦那が出張で不在で、毎日綱渡りのような体調でしたが、しっかり旦那の帰宅を待っていてくれました。帰宅した日は食欲もかなりあり、MSライフケアをシリンジで与えるとたくさん食べてくれたので、旦那はまだまだ元気だと思ったようです。


そして、翌朝、ケージを覗くと、とても穏やかな顔で、既に冷たくなったきくちゃんがいました。死後硬直の状態から、おそらく死後1-2時間かなと思いました。その時間なら、私、起きていたのに・・・。きくちゃんの様子を見てやればよかったなと、少し後悔しました。


でも、なんとなく、きくちゃんは、私たちが見ていないときに旅立つような、そんな気がしていたんですよね。彼女の優しい性格から、ひっそり静かに、私たちに心配をかけないように、旅立つんじゃないかと・・・。


きくちゃん1405

優しくて、美人さんで、ふわふわだったきくちゃん、我が家に産まれてきてくれて、長生きしてくれて、ありがとうね。天国で、てんちゃん達と仲良く過ごしてね。


クリックで応援よろしくお願いします。
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 小動物ブログ デグーへ
にほんブログ村

いつもありがとうございます☆
関連記事
スポンサーサイト
2014-05-23 16:21 | カテゴリ:デグーの毎日
ジャンル:ペット テーマ:★デグー★Degu★
ご報告が遅れましたが、
5月10日に大ちゃんが8歳になりました。


大ちゃん8歳 


我が家の末っ子も、立派なおじいちゃん。
ずいぶん甘えん坊なおじいちゃんですけどね(笑)


糖尿も落ち着き、今は体調もいいようです。
このまま健康に、マイペースに過ごしてほしいなと思います。


クリックで応援よろしくお願いします。
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 小動物ブログ デグーへ
にほんブログ村

いつもありがとうございます☆
2014-05-14 18:13 | カテゴリ:飼い主の生活
大変ご無沙汰しております。


3月頭に、2ヶ月ぶりに自宅に戻りました。一時は危うく?3ヶ月留守になりそうな事もありましたが、幸か不幸か、2ヶ月コースで帰って参りました。


・・・って、何の事か分かりませんよねσ(^_^;)


実は、尻尾の無い子を産んで帰ってきました。全前置胎盤プラスαという超ハイリスクだったので、正月明けから大学病院に軟禁されて、2ヶ月間24時間点滴、絶対安静生活をしておりました。ひょっとしたら、下から産めるかも?と言われた時期もあり、そうなると3ヶ月コース、デグー達の事が心配、どうしよう!と内心困っていたら・・・何の事は無い、下からなんてとんでもない!帝王切開だ、自己血輸血準備だ、っていうか2ヶ月持つの⁈となり、喜ぶところじゃないけど、ちょっとホッ(笑)そして、予定通り、早めの帝王切開、出血多量w、自己血輸血で、母子共無事に退院。


入院中は、デグー達の事が恋しくて、恋しくて、夢にまで見る始末(笑)高齢で心配していた、きくちゃん、大ちゃんの2匹でしたが、ちゃんと私の帰宅を待っていてくれました。


今回の入院でつくづく感じたのは、やはり近くに頼れる仲間って必要だなって事。我が家は、旦那がデグー達の面倒をみてくれましたが、これが一人暮らしだとそうもいきません。1週間くらいなら、ペットホテルにお願いすればいいけと、2ヶ月ともなると、ちょっといろいろ心配ですものね。こういった時に、デグー防災ネットワークのような、飼い主同士の助け合いができると、心強いと実感しました。実際、今回も、防災ネットワークのメンバーの方から、困った事があれば言って下さいと、心強い言葉をかけていただきました。ペットといえど、大事な命ですから、万一の事を考えて日頃から備えておくことは大切だと思います。皆さんも、もしもの時、どう対応できるのか、シミュレーションしておくことをお勧めします。


そんなわけで、しばらくお休みしていたブログの更新も、そろそろ再開したいと思います。


・・・が、新しく購入したPCの使い方が分からず困ってます(´Д` )あと、抱っこしてないと泣きわめく息子にも手を焼いています(ー ー;)


かなりのんびり更新になってしまうと思いますが、よろしければ、今後もお付き合い下さい。




入院中に、旦那が送ってきてくれた大ちゃんの写真。私の留守中、旦那がしっかりお薬をのませてくれたおかげで、糖尿も治まりました(^_^)


クリックで応援よろしくお願いします。
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 小動物ブログ デグーへ
にほんブログ村

いつもありがとうございます☆


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。