-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-09-29 20:16 | カテゴリ:デグーの怪我と病気
ジャンル:ペット テーマ:★デグー★Degu★
昨日は、ほたるの初七日でした。
もうそんなに経ったのかという気持ちと、
ずっと昔のことのような気持ちと、
不思議な気分です。


がんばったほたるの最後の日々について
書き留めておきますね。


9月18日(火) 体重136g

私の誕生日だった日。
ほたると、てんちゃんが生きていてくれたことが、
何よりのプレゼントでした。


この日も、見るからにガスでお腹がパンパン。
いつもの活発さが無く、
診察室では、キャリーの中にうずくまったまま動かない。


動き回る余裕が無いのを利用して、
麻酔無しでレントゲンを撮ってもらう。
横向きにすると死んでしまう可能性があるので、
上(背中側)からのショットのみ撮影。


撮影が終わり、診察室に足を踏み入れた途端


「すごく悪いですねー。
 胃腸の病気でも一番悪いレベルです。」


と言われ、モニターを見ると、
私でも一目で分かる深刻な状態。


横隔膜から下が全て真っ黒、ブラックホール状態。
消化器官全体にガスが充満して、
胃、盲腸、小腸、大腸の区別すらつかない。


口呼吸のせいでガスが溜まり、
溜まったガスのせいで肺が圧迫され、
呼吸が苦しくなり、口呼吸をするせいで
さらにガスが溜まる悪循環。


「今すぐ死んでもおかしく無い状態」と言われる。


一刻も早くガスを抜くために、
お腹に針を刺して処置をした方がいいが、
今の状態で麻酔をかければ死んでしまう可能性が高い。


麻酔無しで処置をする方法もあるが、
ほたるは暴れるだろうし、危険が大きそう。


内科的処置で、ガスが抜けるのを期待することもできるが、
これだけひどいと厳しそう。


何らかの方法でガスが抜けたとしても、
また溜まってしまう可能性大。


悩んだ末、この日は、内科的処置、
つまり点滴を打ってもらって、
ほたるの回復力にかけることにしました。
私が観察していた感じだと、
まだ復活の可能性はゼロではないと思ったので。


そして、もしも、木曜になってもガスが抜けず、
本人がひどく苦しんでいるようであれば、
危険を承知で麻酔をかけ針を刺してもらうことにしました。
万一、麻酔のショックで命を落としたとしても、
痛みに苦しみ続けて死ぬのを待つよりも、
眠りながら旅立った方が、
本人にとっては安らかであろうと思って・・・


で、点滴をするため、先生が保定してくれたのですが・・・
ほたる、先生に噛み付き、流血させてしまいました!
先生の商売道具がぁ~、腫れて手術できなくなったらどうするのよ!
見たところ、マジ噛みでは無かったのですが、
ほたる、斜頸なので、甘噛みのつもりでも結構グサッてくるのです。
(私も何度もやられてる)
どうも、先生、デグーに噛まれたのは初めてだったようです。
ちょうど前の診察の時に、「デグーって噛まれたら痛いですか?」
なんて話ししてたばかりだったのよねぇ。
まさか、実体験させてしまうとは、すみません・・・


少しでも呼吸を楽にするように、
酸素室に入れるよう指示を受けたので、
この日は調子が良かったてんちゃんを追い出して、
ほたるに酸素室に入ってもらいました。
前に酸素室を試したときは、興奮して旋回が止まらなくなり、
かえってよくないと思いすぐに断念したのですが、
この日は心を鬼にして、カバーをかけて無視。
時々覗くと、「あっ!」という顔をして、
出して!アピールをしていましたが、
またカバーをかけて無視しているうちに、
諦めて、落ち着いて寝てくれました。
きくちゃんと離れて過ごす初めての夜です。


また、食餌についても原点に戻しました。
それまでの1週間ほどは、
体重をつけ、体力を回復させることを優先して、
なるべく食いつきのいいものを混ぜて与えていました。
この頃は、乾燥野菜、
特にぱりぱりサラダのエンドウ豆を好んで食べていました。
しかし、豆類はガスが発生しやすい。
繊維質の少ない野菜も、あまり良くない。
命がかかっている今は、ガスを抜くことを優先するべきでは?
乾燥野菜は、食欲を出すためにほんの少し、
ペレットと、いつものハーブ類は少なめに。
お腹を空かせて、草を食え!と、
おいしい牧草を何種類も、たっぷり入れておきました。



9月19日(水)

休診日なので、悪化しても何もできない。


・・・が、驚くべきことにガスがかなり抜けた!
ペレットも少し食べているし、牧草はたくさん減っている。
おかげで元気が出てきて、調子が良さそうだったので、
きくちゃんのいるケージに一時帰宅。


ほたる09191 

どこ行ってたの~?毛づくろいしてあげるね。  by  きく


ほたる09192 

私もお返ししてあげる~。昨日は大変だったの~。  by  ほたる



と、きくちゃんと仲良く毛づくろいし合ったり、一緒に寝たりしていました。
調子が良ければそのままにしておこうと思ったのですが、
やはり口呼吸がおさまらないので、
2時間ほどしてから酸素室に戻しました。


前日、てんちゃんが酸素室から追い出されてかわいそうだったので、
この日からは、2匹一緒に入れるように、ちょっと改造。


酸素室改造 


前面の観音開きの扉を開いて、側壁として利用。
天井部と、正面をカバーするように、ビニールで覆いました。


酸素室ほたる 

こちらがほたるのキャリー。
21日に撮影したものですが、
ほたるが写っている最後の写真になってしまいました。
トンネルハウスの中にいるのが分かりますか?
前面の扉に窓がついているので、
ここを開けて様子をみたり、声をかけたりできます。
酸素室暮らしにも慣れたようで、余裕の様子でした。
この日以降、酸素室暮らしとなり、
結局きくちゃんのいるケージに戻ることなく旅立たせてしまいました。


9月20日(木)  体重131g


朝は、食欲は少しですが出てきました。
ガスは前日よりさらに抜けていました(まだまだ完全ではありませんが・・・)


病院で、ガスが抜けた様子を見せると、
先生は「すごいな!抜けた?!」と驚き、喜んでくれました。
あの状態から抜けるのは、奇跡的と言ってもよかったのかもしれません。
おかげで、外科的処置をする必要が無くなり、
この日も点滴をしてもらい終了しました。


9月21日(金)


さらにガスが抜け、お腹が柔らかくなってきました。
食欲も増してきました。
ゴマ粒サイズですが、形も色も正常に近い糞が出るようになってきました。
こんなに状態のいい糞は1週間ぶりくらいです。


この調子でお腹が回復すれば、
きっとまた食欲も出て、体重も増えて、
元気なほたるに戻ってくれるかもしれない。
しっかり回復して、きくちゃんの所に戻ろう。
そんな希望を抱かせてくれました。


・・・が、この翌日に、お別れとなってしまったのです。


長くなってしまったので、
最後の日のことは分けて書きますね。


クリックで応援よろしくお願いします。
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 小動物ブログ デグーへ
にほんブログ村

いつもありがとうございます☆


デグー防災ネットワークに参加しませんか?
デグー飼いのための自助グループです。災害時はもちろん、普段から、困ったときには助け合えるような仲間になりましょう!現在デグーを飼っていなくても、助け合いの気持ちがある方なら参加できます。
詳しくは下記リンクから、グループ説明をご覧ください。

愛知の方デグー防災ネットワーク愛知
*オフ会は名古屋ですが、近県の方もどうぞ♪

首都圏の方デグー防災ネット首都圏
*管理人さんはまめちゃんです。

他地域で姉妹グループを作りたいという方も募集中☆
日本全国にデグー飼いの輪を広げましょう♪
関連記事
スポンサーサイト
2012-09-28 15:11 | カテゴリ:デグーの怪我と病気
ジャンル:ペット テーマ:★デグー★Degu★

てんちゃんと、ほたるの訃報に、
たくさんのコメントをありがとうございました。


こんなにたくさんの方に、
見守っていただけて、
惜しんでいただけて、
2匹はとっても幸せ者です。
そんな2匹の飼い主も、幸せ者です。


今日は突然、こんなに綺麗な花束が届きました。

お花 


「てんてんちゃん・ほたるちゃんのご冥福を心よりお祈り申し上げます」
というメッセージカード付き。


メッセージ 


長い間お世話になっていた神領ビーイング動物病院からでした。


先生にも、スタッフの皆さんにも、本当にお世話になりました。


てんちゃんの呼吸が酷くなってからは、行くたびにスタッフの方が、
「今日は呼吸は苦しそうじゃないですか?」と確認してくれて、
状態が悪いときには、酸素室で待たせてくれるように配慮してくれたりしました。


先生は、先のことを見据えて、色々な可能性を提示してくれました。
治療法を押し付けるようなことは決してせず、じっくり話しを聞いてくれるので、
こちらからも「こんな方法はできますか?」など、遠慮なく相談しながら、
そのとき、そのときで、ベストだと思われる治療を模索することができました。


2匹とも、先生に出会ってなかったら、
こんなに長生きできなかったね。
特にてんちゃん!あんた、何回命救ってもらったの?


「二人ともよく頑張った」って、先生が誉めてくれたよ。


あまりに通い詰めていたので、
もうしばらくは、病院に行かなくてもいいんだと思うと、
なんだか寂しいような気もします。
いや、行く用事が無い方がいいんですけどね(^_^;


たくさんの飼い主さん、先生、病院スタッフの方々、
皆さんに支えられて、2匹も飼い主もがんばれました。
感謝、感謝♪です。


これからも、純、きく、大吉の3匹を、
温かく見守ってくださると嬉しいです。


クリックで応援よろしくお願いします。
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 小動物ブログ デグーへ
にほんブログ村

いつもありがとうございます☆


デグー防災ネットワークに参加しませんか?
デグー飼いのための自助グループです。災害時はもちろん、普段から、困ったときには助け合えるような仲間になりましょう!現在デグーを飼っていなくても、助け合いの気持ちがある方なら参加できます。
詳しくは下記リンクから、グループ説明をご覧ください。

愛知の方デグー防災ネットワーク愛知
*オフ会は名古屋ですが、近県の方もどうぞ♪

首都圏の方デグー防災ネット首都圏
*管理人さんはまめちゃんです。

他地域で姉妹グループを作りたいという方も募集中☆
日本全国にデグー飼いの輪を広げましょう♪

2012-09-26 14:43 | カテゴリ:デグーの怪我と病気
ジャンル:ペット テーマ:★デグー★Degu★
闘病を続けていた、てんちゃんとほたるが亡くなりました。


ほたる3.29 

ほたる

2012年9月22日没  享年 6歳10ヶ月3日
死亡時体重 134g



てんちゃん 

天天(てんちゃん)

2012年9月25日没  享年 7歳5ヶ月と20日程 (推定)
死亡時体重 120g


最近は、1日おきに点滴に通っていました。
2匹とも、とてもよくがんばりました。
通院の記録、お別れの日のことなどは、
また改めて書きますね。


雲ひとつない青空の今日、
2匹一緒にお葬式をしてもらいました。

0926.jpg 

もうすぐ、すーちゃんと一緒のお墓に眠ります。


てんちゃん、ほたる、うちのこになってくれてありがとう。
一緒に暮らせて、本当に良かった。
2匹とも、最高のデグーです、誇りに思います。
また会える日を楽しみにしています。


てんちゃん、ほたるを可愛がってくださった皆様、ありがとうございました。
まだ記事にしていないお話がたくさんあるので、
ブログにはこれからも登場すると思います。
よろしければ、これからも、会いに来てくださいね。



クリックで応援よろしくお願いします。
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 小動物ブログ デグーへ
にほんブログ村

いつもありがとうございます☆


デグー防災ネットワークに参加しませんか?
デグー飼いのための自助グループです。災害時はもちろん、普段から、困ったときには助け合えるような仲間になりましょう!現在デグーを飼っていなくても、助け合いの気持ちがある方なら参加できます。
詳しくは下記リンクから、グループ説明をご覧ください。

愛知の方デグー防災ネットワーク愛知
*オフ会は名古屋ですが、近県の方もどうぞ♪

首都圏の方デグー防災ネット首都圏
*管理人さんはまめちゃんです。

他地域で姉妹グループを作りたいという方も募集中☆
日本全国にデグー飼いの輪を広げましょう♪
2012-09-17 19:48 | カテゴリ:デグーの怪我と病気
ジャンル:ペット テーマ:★デグー★Degu★
先週から、ほたるの調子がかなり悪いです。


今年の2月から、心肥大、呼吸の異常、
斜頸の後遺症などを抱えながらも、
薬を飲みながら、調子を維持してきました。
特に胃腸の調子には波があり、
糞が極小になることもありましたが、
薬や餌を調整しつつ乗り越えてきました。


6月に斜頸が再発しましたが、
薬を飲ませて、傾きはほとんどなくなり、
8月初旬から徐々に薬の量を減らし、
下旬には、斜頸については薬をやめていました。


ただ、段々と固いペレットが食べられなくなってきたので、
8月中旬頃から、餌はMSライフケアを練ったお団子に変更。
その日の体調によって食べられる固さや量が違うので、
ペースト状にしてシリンジで食べさせたり、
工夫しながら体重165-175gくらいを維持していました。


今回の異常に最初に気づいたのは、9月9日、
食欲があまり無いようで、少ししか食べませんでした。
こういったことはよくあるので、様子見。
翌9月10日、やはり食欲があまり無い。
食べたい気持ちはあるけれど、食が進まない感じ。


9月11日  体重157g

この日も食欲があまり無い。
てんちゃんの呼吸が悪く、通院するついでに、
ほたるも連れて行くことにする。
恐ろしく元気があったので、
それほど悪いという意識もなく、連れていったが、
自宅を出てから、診察開始までの2時間で、
キャリーの中に糞が一つも無いことに気づく。
これは良くないのかも?と思い、
お腹の動きを良くするよう点滴を打ってもらう。
これで明日は食欲が戻っているはず!


9月12日

昨日の予想に反して、
ガスでお腹が膨れて、食欲が無い。
ストレスで手を齧って、血が滲んでいる。
休診日なので、薬を飲ませて様子をみる。
夕方、少し糞が出て、ブロッコリーの葉を少し食べる。


9月13日  体重148g

前日にも増してお腹がパンパン。
お腹が痛いらしく、朝は、ヒーターの上で寝て過ごしていた。
腸のぜん動運動も弱いようで、ほとんど動きが分からない。

0913-1.jpg 

お腹痛いよ~


体重は激減したのに、ガスのせいで洋ナシ体型。
体重270gオーバーのきくちゃんと変わりない大きさに見える。
当然、食欲も無く、糞も出ない。
しきりに口元を気にして、お腹が痛いそぶりをする。
寝ている時も、起きている時も、ピッチの早い開口呼吸をしている。
朝、乾燥人参を少しだけ食べる。

診察を待っている間、軟便をする。
朝の人参もそのまま出ている。

病院ではかなり厳しい状態といわれる。
麻酔をかけ、胃に針を刺し、ガスを抜く方法もあると言われるが、
私も、先生も、あまりそれはやりたくなく、
今回も点滴で様子をみることにする。
前回の内容に、痛み止めも加えてもらった。
点滴を嫌がり大暴れで、私では保定しきれず、
先生二人がかりで点滴してもらった(苦笑)

便も検査してもらったが、寄生虫などは無し。
抵抗力が落ち、胃腸の働きも悪くなっているための軟便。
きくちゃんと隔離したほうがいいか聞くと、
分けてストレスになるなら、一緒にしておいた方がいいとのこと。

先生から、酸素室を使うことを薦められたので、
帰宅後に入れてみたが、
興奮して旋回し続けるので、2時間ほどで断念。
いつも通りのケージに戻してやると、速攻寝た。
やっぱり、きくちゃんと一緒じゃないとストレスらしい(苦笑)

ちなみに、こちらが帰宅直後の写真。
お腹がガスでパンパンに膨れているのが分かりますか?

0913.jpg 


9月14日

ガスが少し抜け、前日よりスリムになっている。
食欲も戻ってきて、元気もある。
念のため、前日と同じ点滴を打ってもらう。
この日は飼い主がんばって保定したw

夕方、食欲も戻り、MSライフケア団子をよく食べた。

0914.jpg 

お腹痛いの治ったの♪


9月15日

米粒ほどのサイズではあるが、
色も、形も、固さも良い糞をしている。
食欲もあり、夕方、MSライフケア団子をたくさん食べた。
通院は無し。


9月16日 体重143g

朝、左耳の奥の方に脚を突っ込んで
念入りに耳掃除をしているなと思ったら、
ドロッとした膿のようなものが脚にくっついて出てきてびっくり!
お腹のガスはまた溜まってきており、食欲も無い。
もちろん通院。

病院で、耳を綿棒で探ろうとしたが、激しく嫌がりうまくいかず。
朝の状況、過去の斜頸から、
耳の中に炎症があり膿が溜まっているのだろうと判断。
鼓室胞の中に膿が溜まっているのなら、鼓膜が破れている。
いわゆる中耳炎。
膿が採取できれば、培養して、抗生剤の感受性を調べられるらしい。

この日も点滴をしてもらうため、私が保定を試みるが、
嫌がり、甘噛み以上をされて、ちょっと流血してしまいました(汗
こんなこともあろうかと、用意していた手袋で再チャレンジするも、
激しく抵抗され、針がすぐに抜けてしまう。
結局この日も先生二人がかりで点滴してもらいました。
(この日は先生も手袋して保定w)

ほたるは、保定を嫌がる子なので、
できるかどうか分からないなぁ~と言われながらも、
取りあえずやってみます!と、点耳薬を処方してもらう。

夕方、乾燥野菜、生チモシー少々を食べる。


9月17日 体重137g

とうとう体重が130g台に突入(涙
ここまでくると、そろそろ限界の体重。

朝、食欲はあまり無く、乾燥野菜少々食べるだけ。
プリンペラン(お腹の薬)も飲まない。

夕方までは糞がほとんど出ず、寝ていることが多かったが、
少し糞が出ると、元気に飛び回るようになったので、
食べられるだけ乾燥野菜を食べさせる。
外で摘んできたメヒシバの茎も少し食べる。
MSライフケアはどうやっても食べない。
薬を飲ませるのが困難になってきた。

点耳薬もチャレンジしているが、なかなかうまくいかない。
食べている間にこっそり垂らそうとすると、
気配に気づいて、耳を畳む!
そんな器用さいりませんから!w
抱っこして注そうとしようものなら、噛む!私、流血(涙
こうなると、しばらくは噛んで嫌だと意思表示する日々が続きます。
嫌なことをされないと分かれば、また噛まなくなるんだけどね。
そのためには2週間くらい、必要なんだけど、
ほたるの耳を良くするには、嫌なことしなくちゃいけないのよ~。

まぁ、あまり本人が嫌がるなら、点耳もやめます。
本人の同意が得られないなら、たとえそれが健康上マイナスであっても、
やらない方針なので。
同じ理由で強制給餌もやりません。
もちろん、やった方がいい子もいますよ。
でも、ほたるや、てんちゃんは、もう完治の見込みが無く、
寿命を迎える年齢に達しているので、
本人が嫌がることをして、数週間寿命を延ばすよりも、
望むことだけしてあげて、与えられた時間を、
楽しかった、おいしかった、気持ちよかった、
そういった記憶で満たしてあげたいなぁと思います。
あ、でも、点滴だけは一瞬のことだから我慢してねw
(てんちゃんは全く嫌がらず大人しくされるから、痛くないと思うよ~)


今日の夕方撮った写真。

0917.jpg

お腹楽になったから、ご飯食べるよ!早く出して♪


いい顔してるでしょ?
この笑顔、なるべく長く見ていたいんだけどね・・・



クリックで応援よろしくお願いします。
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 小動物ブログ デグーへ
にほんブログ村

いつもありがとうございます☆


デグー防災ネットワークに参加しませんか?
デグー飼いのための自助グループです。災害時はもちろん、普段から、困ったときには助け合えるような仲間になりましょう!現在デグーを飼っていなくても、助け合いの気持ちがある方なら参加できます。
詳しくは下記リンクから、グループ説明をご覧ください。

愛知の方デグー防災ネットワーク愛知
*オフ会は名古屋ですが、近県の方もどうぞ♪

首都圏の方デグー防災ネット首都圏
*管理人さんはまめちゃんです。

他地域で姉妹グループを作りたいという方も募集中☆
日本全国にデグー飼いの輪を広げましょう♪
2012-09-10 18:06 | カテゴリ:デグーの怪我と病気
ジャンル:ペット テーマ:★デグー★Degu★
8月24日の日記のその後です。
記録のため、またまた長ったらしくなります。


8月24日の点滴以降、
開口呼吸は寝ている時だけで、
起きている間は調子よく過ごせていました。


しかし・・・


8月31日   体重 168g

朝起きてみると、また開口呼吸が悪化していました。

0831.jpg 

この状態でパクパクしているだけで、ほぼ動けず、目うつろ。
とりあえず酸素室に入れて、午前中に病院に連れて行くことに。
が・・・飼い主が朝食を食べている間に、どんどん呼吸が悪化。
正直、病院に連れていくのも躊躇してしまうほど。
途中で死んじゃったりしないかな?
飼い主だけ病院に行って、状況を相談してこようか?
身支度をしながら悩んでいたけど・・・・
あまりに苦しそうだし、薬を変えてもらったところで、飲める状態でもないし、
一か八か連れて行って、点滴を打ってもらうしかない!
そう思って連れて行くことにしました。


先生もびっくりの余裕の無さでしたが、
点滴を打ってもらいました。
そして、ネブライザーも試してみることに。


ネブライザー 

10分くらい吸わせてみましたが、顔がビショビショになりました(苦笑)
これで効果が出てくれるといいんだけどなぁ・・・
帰宅後は酸素室に直行、以降酸素室生活となります。



9月1日

残念ながら、昨日とほとんど変わらない状態。
病院に連れて行くと、
受付の方が「先に先生に状態を見せてきます」と気を利かせてくれ、
診察までは酸素室に入れて待たせてもらいました。
診察中も酸素を吸わせてもらい、点滴を打ってもらいました。
ネブライザーは劇的変化が無かったので、やらないことにしました。
この日は試しに利尿剤もプラス。



9月2日

朝起きると、左の鼻から少し黄色い鼻水が出ており、
開口呼吸がおさまっていました。
寝ている時は開口呼吸。


でも、念のため酸素室生活は続けます。

酸素室 


ぐったりしているように見えますが、
こうやってくつろいだ姿勢で寝れるのは、随分楽になった証拠。
悪い時は、丸くうずくまった姿勢から動けませんし、
袋の中にこもってしまって出てきません。

お休みちゅー 



9月4日  体重170g

翌日が休診日なので、どちらにしても点滴を打ってもらうつもりだったのですが、
朝起きたら、激しい開口呼吸になっていました。
お腹もぷよぷよに膨らんで、胃腸に空気が溜まってしまっていることは明らか。
糞は出ていますが、米粒大です。
もちろん、病院で点滴です。
加えて、試しに飲み薬の抗生剤を変えてもらいました。
もう、できる範囲で試せることは何でも試しますよ!

また、8月23日に腫瘍が再発したかも?と思った箇所については、
その後サイズも成長しており、明らかに再発だと診断されました。
でも、今のてんちゃんには手術は無理なので、
サプリメントを飲ませながら様子を見続けるしかありません。
(サプリメントについては別途書きます)



9月5日

呼吸状態はほとんど変化ありませんが、
休診日なので、そのまま様子をみるしかありません。
鼻水が出てくれれば楽になるはずなので、
ちょいちょい点鼻(ステロイド入り)をしてやります。
夕方4時ごろ、突然鼻水が出て、復活。
ぷよぷよだったお腹も、シュッと細くなりました。
前回よりは薄い黄色の鼻水です。

ほんの数分前までは、「もう死にます~」くらいの勢いなのに、
鼻が通ると突然こうなります。

ご飯ちゅー 

お腹すいたー!


お散歩ちゅー 

お散歩たのしー!


どのくらい元気か分かるように、動画も。





9月6日

呼吸状態も良かったので、酸素室をやめてみました。



9月7日

呼吸状態は悪くありませんが(寝ている時だけ軽い開口呼吸)
悪化する前に点滴を打っていったほうがいいということだったので、
点滴を打ってもらいました。
今のところ、点滴がよく効くので、
今後も定期的に打っていったほうがいいだろうという話になっています。



9月10日  体重175g

少しだけ体重が増えました。
昨日に比べると、呼吸音が気になるようになってきました。
グゥグゥと湿った音がすることがあります。
明日の状態を見て、通院を判断しようと思います。



よく、「こんなに小さい子を病院に連れて行くのはかわいそう」と
仰る方がいらっしゃいます。
特に、苦しそうな状態の時は、そう思う気持ちも理解できます。


しかし、処置の効果が出れば、こんなに元気になるのなら、
私は、苦しそうでも、可能性がある限りは病院に連れていきたいと思います。
もちろん、通院しても助からないときはいつかはきますが、
てんちゃんの場合、まだそのときでは無いと思うのです。
今こうしてPCを打っている間も、足元をチョロチョロ、
あっ、今、膝の上に飛び乗ってきて、
私のスカートの金具をイタズラしています(笑)


一進一退の毎日ですが、
てんちゃんなりに満足して過ごしてもらえるよう、
サポートしていきたいと思います。



クリックで応援よろしくお願いします。
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 小動物ブログ デグーへ
にほんブログ村

いつもありがとうございます☆


デグー防災ネットワークに参加しませんか?
デグー飼いのための自助グループです。災害時はもちろん、普段から、困ったときには助け合えるような仲間になりましょう!現在デグーを飼っていなくても、助け合いの気持ちがある方なら参加できます。
詳しくは下記リンクから、グループ説明をご覧ください。

愛知の方デグー防災ネットワーク愛知
*オフ会は名古屋ですが、近県の方もどうぞ♪

首都圏の方デグー防災ネット首都圏
*管理人さんはまめちゃんです。

他地域で姉妹グループを作りたいという方も募集中☆
日本全国にデグー飼いの輪を広げましょう♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。