-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-10-23 18:11 | カテゴリ:デグーの毎日
ジャンル:ペット テーマ:★デグー★Degu★

旦那に捕まえられちゃった純。
いい子にしているご褒美にちっちゃなおやつをプレゼント。
9/25の日記のてんちゃんのように、そのまま手の中で食べるかな?と思いきや・・・

純 


口にくわえたままキョロキョロするばかりで食べません。


そのうちするすると手の中から抜け出して・・・


頭隠して・・・ 


クッションの後ろに頭だけ隠して食べています。

そういうの「頭隠して尻隠さず」っていうんだよ。

普通は、敵から自分の姿が見えなければ安心だと思うけど、
純の場合は敵の姿が見えなければ安心みたいですね(^_^;

関連記事
スポンサーサイト
2008-10-14 12:27 | カテゴリ:デグーの毎日
ジャンル:ペット テーマ:★デグー★Degu★

ちょいと用事があり、先週の水曜から日曜まで、
単身旦那の実家に帰省していました。


仕事がある旦那はデグーと一緒にお留守番。


その旦那から「今日のテンテン」と題された写真が
2回ほど送られて来ました。


本文は「みんな元気です287」というメッセージが一言だけ。
先日のペットホテルさんの真似ですね(笑)


一日目に届いた写真はこちら。

今日のテンテン 

夜遅くに起こされて不機嫌そうな顔してます(^^;


2日目の方が少しマシな顔。

今日のテンテン2 

夜遅くても律儀に出てくるてんちゃん偉いね♪

2008-10-05 16:35 | カテゴリ:飼い主の生活
ジャンル:ペット テーマ:★デグー★Degu★

夏が終わり、秋が始まる頃から、どうも鼻や喉の調子が悪く、
ティッシュが手放せない飼い主です。

ティッシュと純 

純もティッシュに興味津々(笑)


元々ハウスダストのアレルギー持ちな私。
ここ数年はスギ花粉のシーズンは明らかに調子悪く薬も飲んでいますが、
これはひょっとして秋の花粉症も発症してしまったか?!


秋の花粉症って言えばイネ科もあるじゃないですか!
デグーの主食もイネ科の牧草。
花粉症なんかになったら一大事!
というわけで、6年ぶりくらいにアレルギー検査をしてきました。


近所にあるアレルギー科と呼吸器内科のある病院に行き検査をお願い。


そこでお決まりのパターン。

「ペットは飼っていますか」

「はい」

「何を飼っていますか?」

「えーと、デグーっていうんですけど・・・」

「え?何?」

「デグー」

「デ?もう一回言って」

デグ飼いが必ず経験する試練ですw


先生と頭を悩ませること数分。
そしておそらく、デグ飼いが必ずする妥協策

「モルモット上皮」をオーダー。


アレルギー検査の項目って齧歯目系だと
モルモット、ハムスター、ラット、マウスしかないのよね。
ラットとマウスを分けるくらい、種類によって抗体に違いがあるのに、
モルモット上皮を検査する意味ってあるのだろうか?


花粉系はスギ、イネ、ブタクサをオーダー。
もちろん、ハウスダストは必須。
あとは気になる食べ物関係を・・・
たっぷり3本分の血液を採って、検査終了♪


・・・と、ここまでが約1週間前のお話。


そして、昨日検査結果を聞きに病院に行ってきました。


結果は、


スギ、ハウスダスト、ダニが陽性。
その他は陰性でした(*^▽^*)


ということは、イネ科の植物は大丈夫♪
モルモットも触り放題ww


「デグーと一緒かどうかは分からないけどね(苦笑)」と先生w


とりあえずイネ科が問題なかっただけでもかなりうれしいです238


アレルギー検査は無事に済ませた飼い主でしたが、
その後ちょっとしたオマケがつきました。
呼吸の状態を調べてみたら、喘息と認定されちゃいました~。
それもかなり酷いらしい(^^;ゞ
本人はこの状態に慣れてしまっているので、あまり自覚ないんですけどね。
そんなわけで昨日から喘息の治療開始した飼い主なのでした(苦笑)


最後に私から一言。

私の知り合いのデグー飼いさんの中にも
イネ科アレルギーの方はかなりいらっしゃいます。
アレルギーが分かっても、症状をうまくコントロールして、
お世話の工夫をすれば、デグーとの生活をうまく続けることも出来ます。
でも、治療を怠ったりすると症状が悪化する場合もあります。
おかしいなと思ったら、放置せず、一度検査を受けることをおすすめします。

また、これからデグーを飼いたいと思っている方で、
ご本人やご家族にアレルギーがある方は、本当に飼い続けることができるのか、
よく考えた上で飼育を始めることを強くおすすめします。
できれば事前にアレルギー検査をしておくといいでしょう。

デグーの寿命は5年から8年と長いです。
途中で飼えなくなったといって手放すことは、
飼い主にとってもデグーにとっても悲しく不幸なことです。

最期の日まで責任を持って共に生活していくことができますか?
もし少しでも不安があるのであれば、
飼わない決断をすることは、
デグーに対しての最大の愛情表現であり、
ご自分の体に対しても最大のいたわりであると思います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。