-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-05-29 21:30 | カテゴリ:デグーの妊娠・出産・育児
ジャンル:ペット テーマ:★デグー★Degu★

うーん、スレッドテーマの使い方がイマイチ分からない。

golbiさんが言うように、あっという間に100以下に落ちちゃうし・・・・。

ジャンル一覧→ペット→200件表示させれば投稿できるんだけど、
しおのさんの言うように記事に反映されないこともあるみたいで・・・。
よくわからん。

これは皆様に協力いただいて
100件以下に落ちないようにがんばるしかないのでしょうか?

さて、今朝我が家では事件があったようです。
旦那が仕事に出かけようとデグーたちに
「いってきます」を言おうとケージの方を見ると。


なぜかチビ1匹がケージの外に出てる!



旦那思わず自分の目を疑うが、
間違いなくケージの外のプラスチックガードの上にちょこんと乗っかってる。
慌てて捕まえようとすると、
ケージとプラスチックガードの隙間にするすると滑り込んで行って、
挟まったまま身動き取れない状態。


出かけないと仕事に遅刻するし、
チビは挟まってるし、


旦那パニック!!


結局悪戦苦闘の末、
チビの救助には成功したそうですが、
それにしてもどこから逃げたのかさっぱり分からない。


私も帰宅後あちこちみたけどそれらしい隙間もないし、
ケージの隙間からは出られるサイズじゃないし・・・。
まったくミステリーです。


旦那曰く、「お前はデビッド・カッパーフィールドかぁ!」
ちなみに、私は引田天功を思い出しました。


パニックになってるだんなと
逆さになって挟まってるチビの姿が目に浮かぶようで、
笑えました。




20060529215351.jpg

犯人は誰?ケージの外を伺うお前か?

関連記事
スポンサーサイト
2006-05-28 19:21 | カテゴリ:飼い主の生活

うちの旦那様ワインがお好きです。
とは言っても、自分では高級ワインは買いません(おごってもらえるなら喜んで)。
自分で買うのは安くておいしいものだけ。最近はもっぱらチリのミゲルトーレスを買ってます。 先日はこのシャトーのワインを16本も買いだめ。

昨日はスパークリングを1本開けてみました。
20060528184817.jpg
背景にはデグー小屋が・・・
このスパークリングはこのロットで終売になるそうで、6本買いだめ。
ドンペリなんかよりずっとおいしいと思うんだけどなぁ。ちなみに1本1800円。


ワインに合うメニューをってことで、手作りピザに初挑戦。
とはいっても粉もイースト菌もセットになってるやつですけど・・・
生地をこねて、さあ発酵させるぞ!と思ったらガーン、オーブンが壊れてて発酵温度まで下げられない!調子悪いとは思ってたけど、これは想定外。
仕方なく、お湯を張ったボールの上に生地を入れたボールを重ねてバスタオルでくるむという原始的方法で発酵チャレンジ。こんなんでうまくいくんだろうか・・・


待つこと90分ほど、めでたく生地もふくらみ、ホッと一安心。
で、こんなの作ってみました。
20060528184835.jpg  20060528184759.jpg
形はいびつ、見た目もぱっとしませんが、味はいけてましたよ。
左はマルガリータのつもり。焼く前にバジルのせたら、しなしなになっちゃった(当たり前)ので、とってつけたようにフレッシュバジルのせてごまかしたつもり。
右はアンチョビと、オリーブと、オレガノと、シメジのピザ。アンチョビは自家製です。これはかなりおいしかった。旦那からも「ピザーラよりはおいしい」と一応お褒めの言葉いただきました。


その他には、タコのカルパッチョとカレイのムニエル。
20060528184826.jpg  20060528184808.jpg
タコのカルパッチョは簡単でおいしいオススメレシピ。
1.スライスしたタコをお皿に並べる
2.パプリカパウダーとチリパウダー(カイエンペッパー)を振り掛ける。
3.レモンの絞り汁と、オリーブオイルを回しかける。
これだけ。
オリーブオイルは是非おいしいものを選んでください。残った汁をフランスパンなんかにつけて食べるととってもおいしいですよ。


それにしても新しいオーブンが欲しい・・・

2006-05-27 19:13 | カテゴリ:デグーの妊娠・出産・育児
ジャンル:ペット テーマ:★デグー★Degu★

チビデグーたちも随分大きくなってきました。

20060527190426.jpg

今日は週一回のケージのお掃除の日。

メス用ケージを掃除している間、
試しにオスのチビだけオス用ケージに入れてみようってことになりました。
オスは子供の頃から一緒に住んでれば多頭飼い可能だけど、
大人になってからだと喧嘩をするかもしれないとよく言われているだけに、
お父さんやお兄ちゃんにいじめられないかちょっと心配。

結果はこの通り




何の問題もなく、
子供達はお父さんのおなかの下にもぐりこみ、
お父さんも一所懸命毛づくろいしたりして、
子煩悩パパぶりを発揮。
そのままずっとおなかの下に抱えてお昼ねしてました。


この調子だったらオスを1匹くらい残しても大丈夫そう。
よかった、よかった。


チビたちの乳離れまではあと3-4週間くらいかな。

こんな感じで授乳してます。

20060527190441.jpg


かわいいでしょ?


クリックで応援よろしくお願いします。
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 小動物ブログ デグーへ
にほんブログ村
 
いつもありがとうございます☆

 

▼2010年4月追記

この動画を撮影したのは生後17日でした。
実際には男の子も、女の子もパパの所に行っても大丈夫です。

早い子は生後6週間くらいから妊娠可能となります。

早すぎる妊娠による母体の負担や(母子ともに亡くなることがあります)、
近親交配を避けるために、
6週目になったらオスとメスをしっかりと別々のケージに分けましょう♪(b^ー゜)




2006-05-25 23:21 | カテゴリ:飼い主の生活
ジャンル:ペット テーマ:ハムスター

今日はジャンガリアンハムスターのピーちゃんの命日。
我が家で初めて飼ったペットで昨年の今日お星様になりました。


会社の同僚の家でハムスターの赤ちゃんが生まれたということで、我が家にやってきました。旦那に「飼いたい」といったものの、なかなかOKが出ず、半ば強引にもらってきてしまいました。結局旦那の方がメロメロになってしまいました。


ピーちゃんという名前は、同僚の子供達がつけていた名前をそのままもらいました。ハムスターの赤ちゃんまとめて「ぴーちゃん」だったみたい。我が家にきてくれたのは「ぴーちゃん2号」でした。


20060525230826.jpg
今見るとちっちゃい!デグーなんて同じ穂をトウモロコシみたいに持って食べられるのに!


20060525230849.jpg
個人的にお気に入りの一枚。最大に太ってた頃。スターウォーズのジャバ・ザ・ハットみたいと勝手に思ってます。
この後毎日ご飯の前に芽キャベツを一つ食べさせてからペレットをあげる芽キャベツダイエットに成功!


20060525230837.jpg
こんなにスリムになりました。当時のデジカメの性能があまり良くなく、なかなかピントが合わないのでイチゴを持たせてピントを合わせてみました。このイチゴも随分小さいものなんですよ。


晩年は不正咬合になって旦那が2週間に1回病院に連れて行って歯を切ってもらったりしてました。


亡くなったときはいい大人が二人で大泣きしました。
ピーちゃんのおかげで色々と楽しい思い出ができました。


今思うとピーちゃんがいなかったら今頃デグーなんか飼ってなかっただろうなぁ。

2006-05-22 23:12 | カテゴリ:飼い主の生活

なんだか新しい機能がついたみたいですね。本の紹介が簡単にできるようになったみたい。
早速使ってみようかな、ってことでGWに出かけた永平寺つながりで印象に残ったノンフィクション本を一冊ご紹介。


食う寝る坐る永平寺修行記

実はこの本、古本屋で100円で手に入れました。福井県にある有名な曹洞宗の総本山の永平寺での修行記。実は私、中学・高校は福井県で過ごしたので、時々街中で雲水さん(修行僧)を見かけることもあったりして、それでなんとなくこの古本を手にしてしまったのです。


読み始めるとこれが面白い。
禅寺での修行というと、静かな山奥で心穏やかに座禅を組み、悟りを開く・・・そんな世界を想像していましたが、世の中そんなに甘くないようで。


作者はデザイン事務所に勤めていた30歳のサラリーマン。社会生活につかれ、何もかもが煩わしくなり「そうだ出家しよう」とふと思いついたのが運の尽き、穏やかな瞑想の日々とは程遠い1年間を送る羽目になります。


永平寺では一人当たり畳一枚があてがわれ、その上で寝食、座禅全てを行う。トイレに行くにも、食事をするにも全ての行動に厳格な作法があり、古参雲水から徹底的にこれを叩き込まれる。覚えが悪いと古参雲水から罵倒され、殴る蹴るは当たり前の超体育会系の日々。修行に耐えられず脱走を試みる者まで出てきて、ほとんど軍隊の世界。古参僧侶達にも一癖も二癖もある変わり者がいたりして・・・。


と、想像を絶する修行生活が描かれています。でも、暴露本じゃあありませんよ。罵倒され、殴られ、必死になって追いついていこうとする中で、自分を覆っていた殻が一枚、二枚とはがれおち、真の自分がむき出しになったところで初めて見えてくるものがあるようです。
永平寺での生活、作法等についても詳しく描かれていて、とても勉強になりました。


読み終わったあとすがすがしい気分になって、自分ももうすこしがんばろうと思える、そんな1冊でした。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。